最近はあまりのんびりテレビを見る時間はないのですが、
お笑いやバラエティ番組はときどき見ています。

CDって相当売れなくなったみたいですね

2007年9月16日(日) 01:53 | テレビ・芸能

なんとなく、普段はあまり見ることのない「カウントダウンTV」を眺めていたのですが。
10位から20位くらいの中に、アニメソングが4曲だか5曲だかランクインしていました。それも、どうやら「人気アニメのオープニングテーマ」ではなく、「マニアの間で人気のアニメのキャラ別テーマソング」のようです。
「らき☆すた」とかいうアニメで、この前深夜にテレビをつけたら偶然やっていたのですが、僕が見た時は登場人物の女子高生が、オタクにしか分からないような会話をしているという場面でした。こういうのが好きな人も世の中にはいるのでしょうけど、そんなマニアックなアニメのCDがオリコンチャートの上位に入るなんて、よほど普通のシングルCDが売れてないってことですよね。

僕もCDはよく買いますが、シングルはほとんど買ったことがありません。もっぱらアルバムです。シングルで出た曲はほぼ間違いなくアルバムにも入るので、シングルを買うのはよほど気合いの入ったファンだけだと思います。例外がアニメと演歌で、「お目当てのミュージシャンの曲を聴く」というより「まさにその一曲が聴きたい」という動機によって買われます。
チャートはシングルのみが対象です。上記のような理由によって、相対的にアニメソングや演歌が上位に来ます。一般的な人気や知名度、テレビなどでの露出度と、オリコンチャートの乖離はこういったところに原因があるわけです。
それでも、アニメソングがここまで上位に何曲もランクインしたことは記憶にありません。しかも、知名度の高い人気アニメではなく、深夜にひっそり放送されている、ニッチの中のニッチを狙った作品ですよ。エヴァンゲリオンやジブリとは事情が違うわけです。
これって裏を返せば、よっぽど普通のシングルが売れてないんだなぁと。アルバムも含めたCD全体の売り上げが落ちていることはよく言われています。熱心な固定客に支えられたアニメというジャンルが、相対的にどんどん浮き上がるという現象が加速しているようです。

そういえば、CDTVでは「再結成ブーム」という話題も扱っていましたっけ。そういえばジュンスカが再結成するそうですが、ほかにもいろいろとバンドが再結成するらしいです。最近の若い人がCDを買わなくなったものだから、レコード会社や芸能界や広告代理店がF2・M2層を狙って、昔売れたミュージシャンに再結成を焚きつけているのでしょうか。

AAAというグループが何かやらかしちゃった事件

2007年8月 4日(土) 04:10 | テレビ・芸能

J-CASTニュースより引用。

観光地の岩に落書き 「AAA」の公式掲示板が大炎上

エイベックス所属の人気ユニット「AAA(トリプルエー)」のメンバーが書いたブログをめぐり、公式BBS(掲示板)が大炎上している。アメリカに行った際に、観光地の岩にスプレーで落書きした写真をブログにアップしたからだ。BBSは荒され、バッシングカキコミが大量にされた。さらに、落書きしたAAAのメンバーは処分される、という噂が流れ、「クビにしないでー!」という叫びも出て、騒然としている。

AAAというグループについては、たまに深夜の音楽番組のCMで見かける程度で、「真ん中の女の子(伊藤千晃という名前のようです)かわいいなぁ」というくらいの印象しかありませんでした。現時点でめちゃめちゃ売れているというわけではなく、さあこれから力を入れて売っていくぞという時に、なんとも脇の甘いことをしでかしてしまいました。
とはいえ、このくらいの事件であれば「掲示板炎上→事務所謝罪→イメージ低下は免れないがとりあえず終了」、という程度で収束するであろうと考えられるのですが、事態をややこしくしているのが、掲示板に擁護レスを書き込んでいるファンの存在です。
長くなりますが、再び引用します。

10代のファンが多いとされる「AAA」のBBSには、通常は「AAAめちゃくちゃ大好き!!(>_<)」や、「AAAファンではなかった一緒にいった妹は・・・めでたくだっちゃんのファンになりましたし!」などというほのぼとしたカキコミばかりなのだが、2007年7月30日頃から「荒らし」と呼ばれる意味不明なカキコミや、伊藤さんをバッシングするカキコミが大挙して登場する。例えばこんなものだ。

「落書きしてんじゃねーよ。この日本の恥さらし くそアマ」
「A ありえない A アメリカ人に A 謝れ」
「さっさと謝って消しに行くか、解散になるか二者択一」

ブログに関するカキコミは、削除分も含み1000以上はあるようで、07年8月2日現在でも「炎上」が収まってはいない。「AAA」のファンたちはバッシングに対し、

「そりゃ悪いかもしれないけど…あなた達が口を出すことじゃないでしょ?おばさん?」
「怒っていい?おじさんたちは一体何様?お前達が世界の王か?いい気になんな!」
「岩、岩、岩、岩、ってうるさぃ↓みんながやってるんだからイーじゃん」

などと対抗している。中学生、高校生の女子が多いらしい。

AAAの数百倍のファンがいると思われるSMAPの稲垣メンバーの事件だって、ここまでの擁護はなかったような気がする。まあさすがに、当て逃げ犯を表立って擁護するほど阿呆なファンはいなかったということなのでしょうけど。
じゃあ、この落書きは当て逃げより罪が軽いといえるのだろうか?
確かに、犯罪そのものの重さで言えば「軽い」ことになるのかもしれませんが、周りに与える影響を考えると、落書きの方が気分を害する人の数は確実に多いわけです。当て逃げは、直接被害を被るのは事故の被害者だけですから。だから、単純に「稲垣メンバーの方が悪い」とは言い切れないでしょう。
そして、おそらくSMAPファンの大半は成人した大人なので、明らかな犯罪に対して擁護する態度は取らないわけです。大人はみんな犯罪が嫌いなのです。
かたやAAA。ファンの中には、善悪の区別がついていないような人が少なからずいるようです。
「中学生や高校生だから仕方がない」という考え方もありますが、中学生や高校生の中にも、いいことと悪いことの区別がつく人も当然います。じゃあなぜ、AAAのファンには善悪の区別がつく人ではなく、つかない側の人ばかりが集まるのでしょうか。

そこで思い出したのが、以前深夜のテレビ番組で、とあるアイドルが言っていたこんな言葉です。

「性格の悪いアイドルは、ファンもマナーが悪い」

その人によると、アイドルなりタレントなりの性格が、そのままファンの層に反映されるということです。もちろん逆も成り立って、性格のいいアイドルのファンは、やっぱり性格のよさそうな人が多いとのことです。
なるほど。だから「いい年して公共物に落書きをして喜んでいる阿呆なタレント」のファンも、やっぱり阿呆なんだ。ひとりで妙に納得してしまった。
まあ考えてみれば当然のこと。「類は友を呼ぶ」という古いことわざが示すとおりです。

子供の頃って、どうしても「悪いこと」に憧れてしまうところがあるんですよね。とりあえずタバコを吸ってみたり、とりあえず万引きしてみたり、とりあえず原チャを盗んでみたり…。僕がこの日記で何度か非難している、繁華街での壁の落書きもそうです。僕はあの落書きが大嫌いです。
でも、そんな「悪いこと」も、たいていは18歳になる前に卒業します。18歳になればたいていの人は社会人か大学生になりますので、そんな子供みたいなことはかっこ悪くてできないというわけです。
落書きを悪いことと思えないAAAのファンも、擁護は若さゆえの行動だとは思いますが、なるべく早い段階で「落書きはどうしようもない莫迦のすること」「莫迦の肩を持つ人間はやはり莫迦」という大人の世界の常識に気づいていただきたいものです。

しょこたんと中野腐女子シスターズ

2007年7月17日(火) 23:17 | テレビ・芸能

ユメレジ
CSの「MUSIC ON TV!」の番組「ユメレジ」を見ています。
司会は中川翔子さん。ゲストは「中野腐女子シスターズ」のメンバーの方々です。
みんな恐ろしく強烈な個性。特に最近の「しょこたん☆ぶろぐ」にも出ている「きょも」こと京本有加さんがかわいい。このルックスにこの体にこの声で真性ヲタですか。反則だな。ぜひお近づきになりたい。

地上波なのにゲームセンターCX

2007年7月12日(木) 03:38 | テレビ・芸能

ゲームセンターCX
スカパーの「フジテレビ721」というチャンネルに、「ゲームセンターCX」という番組があります。
よゐこの有野さんが、ファミコンなど昔のゲームに挑戦する番組です。
レトロゲームが大好きな僕にとって「ゲームセンターCX」はお気に入りの番組なのですが、その番組の特別編がなぜか地上波で放送されていたので、思わず最後まで見てしまいました。

今回、有野さんが挑戦したのは「マイティボンジャック」というゲーム。ファミコンで20年以上前に出たゲームで、恐ろしく高い難易度なのですが、有野さんはなんとこのゲームをクリアします。しかも、スタジオにお客さんを入れて公開録画。ファミコンの画面に一喜一憂する観客。なんだこの光景。面白すぎる。
それにしても、深夜とはいえ、まさかマイティボンジャックのエンディング画面が地上波で流れる日が来るとは。さすがフジテレビです。
ちなみに僕の家にもマイティボンジャック(とファミコン本体)があったりするのですが、もちろんクリアしていません。

せーの、どん!

2007年7月 9日(月) 23:21 | テレビ・芸能

巨泉のクイズダービー

家に帰ってテレビをつけたら、ケーブルテレビの「TBSチャンネル」で「クイズダービー」の再放送がやってました。
好きだったなぁクイズダービー。当時は小学生でしたが、毎週土曜日には必ず見てました。当時から巨泉さんが大好きだったので。
そんなわけで十数年ぶりにクイズダービーを見たわけですが、1枠が篠沢教授じゃなかったのがちょっと残念。北野大さんもいいのですが、やっぱり篠沢教授こそが永遠の1枠です。

ユメレジの中川翔子さん

2007年7月 3日(火) 23:35 | テレビ・芸能

ユメレジ
「しょこたん」こと中川翔子さんです。
やっぱりこの人は地上波じゃなくてCSがいい。
TBSの「個人授業」での和田アキ子との絡みも面白いけど、誰も歯止めをかけないフリートークこそ彼女の真骨頂。今は仮面ライダーのベルトについて熱く語っています。この訳の分からない熱さが面白すぎる。
僕も彼女のようにいろんなものに興味を持ったり、好きなことに向かって積極的に行動できたらいいと思いますが、怠け者の僕には無理なんだろうなぁ。

オーケン面白すぎ

2007年6月21日(木) 00:55 | テレビ・芸能

大槻ケンヂ
ひさびさに大槻ケンヂさんを見ました。
テレビ埼玉だけに、かなりぶっとんだトークで面白い。
ゲストによく分からないアイドルグループが出ているのですが、ここでオーケンさんが「最近のアイドルは、椅子取りゲームという言葉を自分で使う」と、業界にいい具合に首を突っ込んでいるからこそ言える珠玉の一言。アイドルの生存競争にいかに勝ち抜くかについて熱弁をふるっていました。
その前にはTフロントアイドルの「ピンクサターン」について話してるし。地上波でピンクサターンという言葉を発するのはオーケンさん以外にはいないでしょう。
オーケンさんのアイドルトーク、面白すぎます。昔はオーケンさんの本も買って読んでたなぁ。懐かしい。