パレスチナの味

2008年11月 7日(金) 23:50 | 日記

タイベビール・ゴールデン
成城石井で買った「タイベビール・ゴールデン」。タイベビールとは、パレスチナで作られる唯一のビールらしいです。
パレスチナといえばどうしても戦争のイメージが強いのですが、このビールは独特な苦みと甘みがあって、飲みごたえがあります。ベルギービールに近い味わいですね。

筑紫哲也さんが亡くなりました

2008年11月 8日(土) 01:28 | 日記

もっとも、毎日ニュース23を見ていたわけではないし、週刊金曜日もほとんど読んだことがないし、筑紫さんの著書などを見たこともないので、僕が語れることなんて何もないわけですが。
でも、にわかコメンテーターばかりのテレビの中で、自らの言葉で明確なメッセージを発するジャーナリストは貴重な存在でした。
ご冥福をお祈りいたします。

ふと、普段はほとんどアクセスしないmixiを開いて、筑紫さんのアンチが集まるコミュニティのトピックを見てみました。
いったいどういう環境で育ったら、あんなふうに人の死を喜べるのでしょうか。
それだけならまだしも、人の死を喜ぶ姿を人前でさらして平気な神経が、僕にはとても理解できません。
世の中には、いろんな人がいるものですね。
もし将来僕に子供ができるとして、その子供が人の死を笑うような人間だったら、死にたくなるくらいに悲しく、みじめな気持ちになると思います。
幸い、自分の周りにはこういう人間はいませんし、過去にもこのようなタイプの人間と関わることはありませんでした。「類は友を呼ぶ」といいますが、こうした卑劣な人間と関わずにすんだのは、少なくとも僕自身が、そこまで心が腐っていないということの証明かもしれません。もし仮に、僕に家庭を持つような機会が訪れたとしても、自分の子供は人の死を笑ったり喜んだりするような最低な人間にだけは育たないはずだと、楽観的に考えています。
もっとも、「僕が家庭を持つ」などというありえない想像をするのは、明らかに時間の無駄なわけですが…。

西武ライオンズが日本一になりました

2008年11月10日(月) 01:41 | スポーツ

西武ライオンズ、日本一
平日の試合は仕事で見られませんでしたが、土日はテレビで観戦していました。いずれも見ごたえのあるゲームでした。
おたがい、ベストとはいえない戦力の中で持ち味を発揮できたと思います。

惜しくも日本一を逃したジャイアンツの原監督は、日本代表チームの監督として、ワールド・ベースボール・クラシックを戦います。
監督の決定までいろいろあって、原さんに決まったことに対してもいろいろ言われていますが、個人的には原さんはベストに近い選択だったと思っています。
星野氏が再び日本代表を率いるのは、社会人チームやプロの二軍監督などからやり直して結果を出して、一軍で日本一になって、実績が認められてからの話です。サッカーの岡田監督も1998年のワールドカップ以降、コンサドーレとマリノスで結果を出したから日本代表の監督になれたわけで。そういうプロセスを一切経ずに、大きな大会で惨敗した直後に再びチャンスが与えられるとしたら、日本代表はクラブチームより価値が低いということになります。そりゃイチローさんも怒りますよ。

15年ぶりに電気ポットを買い替えました

2008年11月10日(月) 02:11 | 日記

電気ポット
前に使っていた電気ポットは、僕が高校2年生だった1993年から、15年間使い続けたものです。
最初は実家の自室で、主にコーヒーを飲むために使っていました。その後、大学進学でポットとともに京都へ行きました。卒業後は再び実家の自室へ。その後、名古屋へポットとともに引っ越し。それからまた実家に戻って、そして3年前に東京へ。僕の人生のほぼ半分を、この電気ポットとともに過ごしてきました。
それほどヘビーに使っていたわけではありませんが、さすがに15年も使うと中身も汚れてきたので、冬を迎える前に買い替えることにしました。
写真は新しい電気ポットです。お湯が3リットル入ります。以前のものは2.2リットルでした。

ポットに限らず、妙に物持ちがよかったりします。
テレビは1年ほど前に地デジ対応の液晶に買い替えましたが、その前に使っていたのは1995年に買ったもの。今使っているFAX付きの電話機も1995年。その他、1998年に買ったビデオデッキやステレオが現役で動いています。
電化製品ではありませんが、1992年に買った本棚もわざわざ実家から持ってきて、使い続けています。
あとはバイク。1998年に買った1990年製のNSRは、今も元気に青梅街道や甲州街道を爆走しています。

「物を大切にする」といえば聞こえはいいですが、本当は「捨てたり買い替えたりするのが面倒だし、もったいない」というだけの、しみったれた人間です。

新橋古本まつり

2008年11月10日(月) 14:03 | 日記


仕事で新橋に行く機会があって、さっきJR新橋駅へ行ってきたら、平日の昼間にも関わらず人だかりが。そこは「新橋古本まつり」の会場でした。たくさんの店がテントを張って、いろいろな古本を売っていました。
時間帯なのか、場所柄なのか、お客さんの年齢層はかなり高め。半分以上が若くないサラリーマンでした。

せっかくの機会なので何か買わなければと本を物色して、無理やり1冊だけ買ってきました。
イベントは今日から15日まで開催されるそうです。

明日に向って走れ

2008年11月10日(月) 22:35 | フォーク

吉田拓郎/明日に向って走れ
今日の昼に新橋駅前の「新橋古本まつり」で買ったのは、この「明日に向って走れ」という本でした。
著者は吉田拓郎。同名の曲もヒットしましたよね。
500円と、古本にしてはかなりいい値段でした。

発行されたのは1976年。僕が生まれる前です。
僕が買ったこの本は第4刷で、しかも発行日からわずか2か月で4刷ですから、けっこう売れたんですね。当時はまさに拓郎さんの全盛期。83年には文庫本も出ました。さすがにもう絶版ですけど。
まだ読んでいませんが、内容としては拓郎さんの自伝といったところでしょうか。新六文銭の結成、狂言による逮捕に作曲家としてのレコード大賞受賞、フォーライフレコードの設立など、激動の時代を振り返っているのでしょうか。

古本売り場では、この本の隣に遠藤ミチロウさんの対談集や、渋谷陽一氏の古い本も置いてありましたが、どれも高かったので手を出すのはやめておきました。

香港ドルを買うのをやめたら

2008年11月10日(月) 23:33 | 日記

先週末に香港ドルの買い注文を出したのですが、今日の朝になっても約定しておらず、円ドルレートを見たらドルが週末より2円近く高くなっていたので、こりゃまずいと思ってあわてて注文を取り消しました。
とりあえず口座にキャッシュを残しておいて、円建てのETFか外貨のどちらかが値下がりしたタイミングで何か買おうと思っています。

金曜に買ったばかりの「パンダ」こと「上場インデックスファンド中国A株」は、たった1営業日で12%も上昇しました。香港ドルを買わなくても、中国の相場の恩恵を受けられるETFはありがたい存在です。
とはいえ、円建ての外国ETFは「テレビデオ」みたいなもので、株価と為替が抱き合わせになっているため、両方上がればおいしいのですが、どちらか片方が壊れただけでも大変です。やはりテレビとビデオは分けて買いたいです。ステレオも、アンプとCDプレイヤーとチューナーは分かれている方が好きです。

別の月の日記を見る