重大な落とし物をしたっぽい

2007年11月 9日(金) 02:44 | 日記

きのうの夜に、落とし物をしてしまったようです。
クレジットカードと保険証、キャッシュカードが2枚と、仕事用のスイカなどが入ったカードケースです。

最初は、家に置いてきただけだと思っていました。
しかし、帰って見てみると、あるはずのカードケースがどこにもありません。何度探しても見つかりません。
あわててきのう行った居酒屋に電話してみたのですが、「そんな落とし物は見ていない」という返事。ほかの従業員に聞いてみる、ということであらためて返事をもらうことになっていますが、望みは薄そうです。
もうひとつ、帰りに立ち寄ったゲーセンにも尋ねてみたのですが、やはりないとのこと。確かに一度ジャケットを脱ぎましたが、普通はその程度で落としたりしません。
居酒屋では、一度カードケースを取り出しています。ジャケットを脱いだ状態で、内ポケットから取り出しました。その時に、カードケースをしまい忘れた可能性が濃厚です。その時は酔っていましたが、今思い出してみても、ケースをしまった記憶がありません。テーブルに置いたまま帰ってしまったんだと思います。
あの居酒屋には客は少なかったので、誰かが拾って持っていくことは考えにくいのですが…。
さっき電話に出た人とは別の従業員が拾って、店のどこかに保管してあることを願います。

過去に財布を落としたことは一度だけあります。高校2年の頃、学校の帰りに名鉄電車で落としました。財布の中には、数千円のお金と定期券が入っていました。
あれから14年余り。生涯二度めの大きな落とし物です。
クレジットカードは利用停止すればひとまず問題なさそうですが、スイカの残金が2000円弱、キャッシュカードの合計残高が合わせて1万円程度。これが使われたとしたら痛い。
それにお金の問題もさることながら、カード再発行の手続きがなにしろ面倒です。忙しいのに、いちいち関係各位に電話していられません。まあそんなことも言っていられないのですが。

こういう大事なものをなくすことは偶然ではなく、生きることに対する不誠実さ、あるいは社会との関わり方における不誠実さが表出した、まぎれもない必然です。いいかげんな生活を続ける人間にふさわしい「報い」です。誠実に生きる人なら、こんな大事なものを落としたりはしません。
もっとも、カードケースをなくして困るのは僕だけであって、ほかの誰にも迷惑をかけていないことは不幸中の幸いといえます。さすがに、「取材で録音したICレコーダー」のような、なくしたらいろんな人に迷惑がかかるようなものを落とすほどには、僕はまだ性根が腐りきっていないようです。
でも、今みたいな生き方を続けていたら、そうなるのも時間の問題なのかな、と不安になります。まあ、カードをなくして自分ひとりが損することで、今後は他の人にも関わる重大な損失を起こさない程度に注意深い人間になれれば、それはそれでいいのかなと思いますが。
僕は本当につまらない人間ですが、だからこそせめて他人に迷惑をかけないよう、みんなの幸せの邪魔をしないようにだけ気をつけて生きていきたいと思います。

14年前は、財布は2週間くらいして戻ってきました。お金は抜かれていました。
今回は、どういう結末になるのでしょうか。

もう戻ってこないのか

2007年11月 9日(金) 07:35 | 日記

カードケースには名刺が入っているので、もし警察に届けられていたら会社に電話があるはずなんですよね。
それがないってことは、やはりどこかで落として、誰かに拾われて、そのままパクられたという可能性が高くなります。
あのケースにはほかの人の個人情報も入っていたので、よく考えたら自分だけの問題ではありません。本当にバカなことをしました。
申し訳ございませんでした。この場を借りてお詫びいたします。

丸の内

2007年11月 9日(金) 14:07 | 日記


現場に早く着いたので、丸の内センタービルの外にあるベンチで休憩しているところです。

それにしても、自分のマヌケっぷりに腹が立ちます。
そんなネガティブな感情をインターネットの日記に書かずにいられない自分も、どこまでバカなのかと思います。
せめて日記くらいは、明るく楽しいところだけを見せ続けたいと思っていたのですが。
人として未熟なのもいいとこですね。来年の2月で31歳になるというのに。

カードケース、戻ってこないかなぁ…。

落としたカードケース、拾われていたようです

2007年11月10日(土) 23:47 | 日記

落とし物のはがき
「東京メトロお忘れもの総合取扱所」からはがきが届きました。
例のカードケースが拾われていたみたいです。ひとまず、見つかってよかったです。
スイカとか、無事だったらいいのですが…。

クレジットカードは利用をストップしてしまったので、新しいカードが届いたら、関係各位に新しいカードの番号を登録しなければいけません。面倒ですが、落とした自分が悪いので仕方ありません。それでも、誰かに使われた形跡はなかったようなので、不幸中の幸いというべきなのでしょうけど。

これからは、いろいろ気をつけないといけませんね。単に「財布やカードを落とさない」というだけでなく、もっと根本的なところで。

カードケースは無事でした

2007年11月12日(月) 14:34 | 日記


さっき、地下鉄の上野駅にある落とし物の預かり所に取りに行きました。
中身はすべて無事でした。スイカの残額も落とす前と同じです。
大手町駅に届けられたそうです。届けてくださった方に感謝いたします。
ということは、落としたのは7日の渋谷ではなく、その翌日の朝、通勤途中の東西線ということになりそうです。はがきにも「11月8日の落とし物」と書いてありましたし。
電車で落とすなんて考えられないことですが、落としたのはどうやら事実。いろいろと身体的、あるいは精神的な機能が衰えてきたのかもしれません。
これまでと同じような過ごし方ではまずそうなので、今後は財布など大事なものを落とさないよう、普段から意識することを心がけたいところです。

ついに1ドル=110円を割りましたか

2007年11月13日(火) 00:16 | 日記

円高が止まりません。
1ドル=109円台に突入です。
時を同じくして、香港の代表的な株価指数のひとつであるハンセン指数も、一時は30000ポイントを超えていたのに、現在は28000を割っています。インドのセンセックス指数も、つい先日20000の大台を超えたばかりなのに、今日は19000を割り込みました。
僕が持っているETFで、中国やインドなど複数の新興国の株価指数に連動する「EEM」や、インドのセンセックス指数に連動する香港市場の「2836」の価値は、ここ10日ほどで急落しました。
イートレードの口座を見てみると、今のところはかろうじてプラスですが、円転時の手数料などを考えると利益はほとんどありません。なにせドル購入時は1ドル=116円台でしたから。
おまけに、国内の銀行の株価指数に連動するETFなんて、買った当初より1割以上も下がっています。こちらは少ししか買ってないので別にいいのですが。

まあ、ETFなんて「少し上がったからといってあわてて売る」というタイプの商品ではないし、これくらいの価格変動は想定の範囲内ではあるので、とりあえず北京オリンピックの半年前までは様子を見ようと思っています。
できればこのタイミングで追加購入したいところですが、なにしろアパートの更新料やらバイクの保険代やらで諭吉さんが出払ってしまったから、無理なんですよね。むしろドルにしろ、エマージング系の投信やETFにしろ、今こそ買うチャンスだと思っているのですが。なんて間が悪いんだ。

そんなわけで、今は会社でこの日記を書いているわけですが、もう遅いのでそろそろ帰ろうと思います。さっきまで書いていた文章が、12月某日の日経新聞のどこかに載るので、ぜひ読んであげてください。

いろいろと振り回されてるなぁ

2007年11月13日(火) 02:23 | 日記

ここ数日は落とし物の件であたふたしたり。
ここ数週間は仕事の件で気分が暗くなったり。
どうも、目先のことにとらわれすぎている気がします。
今の自分にはこれといった夢や目標があるわけではなく、かといって「誰かのために生きる」といった目的もあるわけではない。成り行きまかせというか、目の前のことだけがすべて。
だから、いちいち小さなことで怒ったり落ち込んだりするんですよね。
これというのも自分の世界が狭いから仕方がないのですが、さすがに今のままだとよくない気がします。世界を広げるために、何かしなければいけないと思っています。
もっとも、ただ思うだけなら、16歳当時の僕と変わらないわけで。

今思えば、高校生のころから現在まで、特に何かをするでもなく、ただ年を重ねてきただけのような気がします。
このまま、死ぬのを待つだけの生活です。
今はこの世に思い残すことが何もないぶん、まだましなのかもしれませんが。
小さなことに振り回されていられるほど身軽であることは、それはそれで幸せだと思うべきなのでしょう。

ところで、今月30日に、仕事で盛岡へ行くことになりました。
先月は京都と帯広、そして今度は盛岡。このごろ遠いところへ行く機会がなにげに増えています。
しかも、今回は金曜の出張。せっかくなので、土曜と日曜はあちらで過ごしたいと思います。
死ぬまでに、できるだけいろいろなものに触れたいですからね。こういう機会は大切にしたいものです。

別の月の日記を見る