他人を属性で語りたがる人は、自分のことを属性で扱ってほしい人なのかもしれない

2020年7月20日(月) 23:15 | 日記

「在日」という言葉

11年も前に書いた日記に、今日になってコメントが付いていました。

創価学会の熱心な信者である同級生に、創価学会について詳しいことを聞いた

今読み返すと、我ながらなかなかディープな内容ですが、アクセス数が1日50件もなくて更新頻度も月1くらいのホームページの記事に、どうやってたどり着いたのでしょうか。今年6月には、はてなブックマークも1個付いていますし。創価学会関連のキーワードで検索しても、上位表示されるとはとても思えないのですが。

池田大作と池田勇人のエピソードなんて僕もすっかり忘れていましたが、その記述に関して、以下のようなコメントが寄せられました。

池田勇人は日本人
創価の池田は在日で全然違います

こういうときの「在日」というのは間違いなく、いわゆる在日朝鮮人のことでしょう。朝鮮半島にルーツがあり、日本に住みながら日本国籍を持たない人。本名は朝鮮風の名前だけど、日本では日本人のような名を名乗っている人もいて、その名前を「通名」と呼んだりするのですが、ある種の人たちは「在日」も「通名」もそういう限られた意味にのみ使っています。
もっと言うと、ある種の人たちは帰化して日本国籍を取得した人に対しても、ルーツが朝鮮半島なら「在日」と呼んだりします。
そして言うまでもないことですが、この「在日」という呼び方には、差別意識が多分に含まれています。ヘイトスピーチの一種と断じてもいいでしょう。

「どこで生まれたか」が何よりも重要な人たち

池田大作という人の功罪を考えるのなら、創価学会に関して池田氏がどんなことをしてきたかのみを語ればよくて、どこで生まれたとか、本人や親の出自とかほとんどどうでもいいことです。創価学会の人にとっては、別に池田氏のルーツが日本列島だろうと朝鮮半島だろうと中国大陸だろうと、信仰にいささかの揺るぎはないはずです。
それなのに、他人の民族や出自に執拗にこだわって、他人の民族や出自にこだわるようなことをわざわざネットで発言して共感を求める人が、どうやらこの社会には一定程度いる。

一見すると、不思議だなぁ、と思いますよね。
「どこで生まれたか」が、そんなに重要なことなのか。生まれたあとに何をするかで、人の価値は決まるのではないんですかね。

きっと、「どこで生まれたか」が何よりも重要なんですよね、ある種の人たちにとっては。

「生まれる前」という要素で他者を見下したい

ここからは僕の持論というか憶測になるのですが、気に入らない人に「在日」とか言いたがるようなタイプの人は、「自分のことを個人ではなく、属性でくくって扱ってほしい」と願っているのではないか、と思っています。

先も書いたように、多くの人が、人の価値は「生まれたあとに何をしてきたか」で決まると考えています。
でも、残念なことに「生まれたあとに自分がしてきたこと」に対して自信が持てず、劣等感を抱えてしまっている人も世の中にはいます。
そういう人たちにとって、「生まれたあとで何をしたか」だけで人の価値が測られる社会は、きっと地獄でしかないんですよ。
だから、別の尺度を持ち込んで、自分の価値が少しでも高まるようにしたい。もしくは、別の誰かの価値を低くすることで、「自分より下」を作りたい。誰かを見下したい。そう願うようになるわけです。

民族や出自という属性で他人を見下したがるのは、たぶんそういう心理です。
たとえ「生まれたあとで何をしたか」で劣等感を抱えることになったとしても、生まれたあとで何をしても決して変えることができない「生まれる前」に着目すれば、自分でも優越感を抱くことができる。

日本で生まれた。
日本人という民族に生まれた。
男性に生まれた。
この「生まれる前から決まっていたこと」を、他人を見下す材料として使うわけです。
そのような行為を、この社会では「差別」と呼びます。差別は最も許されない行為のひとつとして広く認識されています。

「生まれたあとに何をしてきたか」で規定されるのが「個人」という概念であるのなら、「個人」として評価することを、他人に対しても拒むし、自分に対しても同様に拒む。自分を「○○をしてきた人」として他人から評価されたくない。「日本人」として、「男性」として、そこだけで評価してほしい。
池田大作を「在日」と決めつけるコメントを寄せた人も、そんなふうに思っているのではないか、と想像します。

差別主義者にとって生きづらい社会

「生まれたあとに何をしてきたか」で他人と比べられると、「他人より劣っている」とみなされてしまう。
就職がうまくいかずにブラック企業で働いていたり、モテなくてさびしい思いをしていたりしたら、うまくいっている人を妬みたくもなるのは自然なことだと思います。そもそも「生まれたあとに何をしてきたか」についても、生まれ持った能力やルックスでハンデを背負った状態で、「何かをしたくてもできない」という境遇の人も少なくないと思います。
だからって、民族差別をしても許されるかといったら、そんなはずはありません。差別はひとつの例外もなく卑劣なものです。個人的にも大嫌いです。見つけたら全力で叩きたくなります。

ただ一方で、こうした差別行為が、ある種の人たちにとっての「慰め」として働いていた部分はあったんじゃないかと思いますし、今でもいろいろなところに残っているんだと思います。だからアメリカで白人警察官が黒人に対して過剰に攻撃を加えるようなことが起きたし、その行為に対してあれだけの怒りが沸き起こったのも、「差別をされている」と感じている黒人が今もたくさんいるということなのでしょう。

20世紀までの世界には、人生がうまくいかない人たちの「他人を見下したい」という願いの「はけ口」が、わりと身近なところにありました。民族差別以外にも、性的マイノリティに対する差別など、あらゆる差別が見過ごされてきました。
差別が見過ごされてきたことで、他人を見下したいと願う人にとっては「救われた」部分もあったんでしょう。
だけど、時代が変わって、「他人を見下したいと願う人が『救われた』と感じたいために、他人を差別して傷つけることはあまりに身勝手であり、理不尽である」という認識が広まり、あらゆる差別が許されない社会になりました。

「他人を見下したい人」にとっての「はけ口」が、どんどんふさがれているのが今の社会です。
黒人差別とはほとんど無縁の日本人でありながら、Black Lives Matterの広がりに居心地の悪さを感じている人もいるのではないかと想像します。
差別が許されない社会は、これまで差別を受けて苦しんできた人にとっては間違いなく良い社会だし、差別をされることもすることも大嫌いな僕のような人にとっても、間違いなく良い社会です。人を属性で切り分けるのではなく、個人として扱い、尊重する社会は、間違いなく良い社会です。

逆に、「他人を見下したい人」にとっては、差別が許されない社会は生きづらい社会です。人を属性で切り分けるのではなく、個人として扱い、尊重する社会は、生きづらい社会です。
生きづらさを抱えたまま、この社会で暮らしていくのは苦しいものです。かといって、差別はもう許されない。できることなら、他人を差別しないですむ、人畜無害な「はけ口」が見つかってくれればいいのですが。

2019年5月5日に京都を散歩した思い出・前編

2020年7月28日(火) 00:55 | 日記

観光客であふれる在りし日の京都駅

こちらの日記の続きです。

2019年5月4日夜、コロナなんてなかった大阪の思い出

新型コロナウイルスの感染がいよいよ危機的な状況になってきまして、僕もこの4連休はほとんど家に閉じこもっていました。遠くへ遊びに行きたい願望をぐっとこらえながら、せめて楽しかった1年前のことを振り返ることにします。

190505_091025.JPG
動物園前から御堂筋線に乗って梅田駅。そこからJRの大阪駅へ行きます。
そういえば去年の秋に阪急の梅田駅が「大阪梅田」という名前に変わりましたけど、むしろ大阪駅が「JR梅田」に改名した方が分かりやすい気がしなくもないです。

190505_095905.JPG
着きました。京都駅。こちらは北口(烏丸口)のロビーですね。

190505_100039.JPG
大型連休中だしいい天気だし、わけのわからない感染症も流行していないので、京都駅は朝から観光客がいっぱいです。

190505_100148.JPG
駅前のバス停にも人がいっぱい。手前のバスは僕が学生時代にお世話になった206系統ですね。三十三間堂と清水寺らへんを通って、昔僕が住んでいた八坂神社らへんを通って、京都大学方面へ行くバスです。

190505_100310.JPG
この日は本当にいい天気でした。横方向にやたらと大きい京都駅。

190505_100032.JPG
京都駅に背を向けて北を向くと、京都タワーが見えます。
過去の日記をさかのぼってみたら、12年前にここに登った記録がありました。

京都タワー展望台
たわわくんがいっぱい
こんにちは、たわわくん

24歳の頃の記憶

190505_100959.JPG
京都駅から北上したところにある烏丸七条交差点。北西側に見えるのが東本願寺です。

190505_101534.JPG
京都駅と東本願寺の間の区画には、ホテルや旅館が並んでいます。ヨドバシカメラの向かいあたり。
あれは2001年だったか、当時いっしょに住んでいた人をバイクの後ろに乗せて名古屋から一般国道で4時間ぐらいかけて京都へ行って、事前にホテルの予約をしてなかったから丸太町駅あたりの電話ボックスで電話帳を見て適当に宿を探して、このへんのホテルに泊まったことがありました。当時24歳。若かった。

190505_102209.JPG
先ほどの場所から少し東へ歩くと、京都で有名なラーメンチェーンの「新福菜館」と「第一旭」の本店が隣同士に並んでいて、連休ということもあって行列ができています。
今まで何度か深夜バスで京都に来たことがあるのですが、ここのラーメン屋さんは早朝から営業していて、朝6時でも人が並んでいたりします。
ちなみに新福菜館は東京だと秋葉原などにあって、第一旭は新宿御苑前にあります。

「崇仁新町」という屋台村と「再開発」

190505_102151.JPG
この施設は初めて見ました。場所は先ほどの新福菜館と第一旭から、道をはさんだ向かいあたり。空き地に現れた「崇仁新町」という屋台街です。調べたら2018年の春にはすでにあったようですが、前年に京都を訪れたときはこの近くを通りながら、その存在に気づきませんでした。
朝10時なので、さすがにどこも開いていませんでした。
京都駅から至近という地の利もあって、かなり賑わっていたようですが、調べたら今年の5月をもって営業を終了したそうです。

「崇仁地区」と呼ばれるこのあたり一帯は大規模な再開発をしていまして、京都市立芸術大学がここに移転することが決まっています。なので屋台村の閉鎖は新型コロナウイルスのせいではなく、最初から決まっていたことです。

190505_103327.JPG
去年の春の時点ですでに工事は始まっていまして、壁にはこんな紙が貼られていました。
ここに大学ができたら、京都駅からの距離は札幌駅から北海道大学と同じくらいの近さになりますね。

190505_103334.JPG
大学だけでなく音楽ホールなども造られるようです。

190505_103709.JPG
この地域にはもともと小学校があったのですが、何年か前に廃校になりました。京都駅からほど近い場所に広い土地が空いたことが、ここに大学が移転することになった直接のきっかけとなりました。
ただ、小学校の廃校はあくまできっかけであり、京都市がこの地域一帯の再開発に乗り出すことになったのには、深い事情があるわけですが。

ここで去年書いた日記のリンクを貼ってみます。2018年5月に京都を自転車で散歩したときの話です。日記の後半で、この地域のことに触れています。

去年のゴールデンウィークの思い出3・京大から京都駅らへんまで

最後に、この地域で去年撮影した写真をいくつか紹介します。

190505_103232.JPG
柳原銀行記念資料館。気安く語ることのできない郷土の歴史です。

190505_103610.JPG 190505_103546.JPG
僕が1995年に大学受験で京都を訪れたとき、新幹線の車窓から見て衝撃を受けた光景と何も変わりません。今回の「再開発」で、古びた街並みも消えてしまうことになるんですかね。それは果たしていいことなのか、どうなのか。

190505_102722.JPG
僕が学生のときには、こんなにきれいな水辺は見た記憶がありません。「再開発」はすでに進んでいます。

190505_103927.JPG
塩小路橋から見る鴨川とJRの線路。橋の落書きが放置されているのが残念ですが、これでもずいぶんきれいになりました。鴨川も七条大橋あたりまでは昔からきれいだったのですが、このあたりは普通にゴミが流れていた記憶があります。

京都駅界隈の散歩はそこそこにして、鴨川を渡って七条駅から京阪電車に乗ります。続きは後編で。

サイトのデザインをちょっとだけ変えた記録

2020年7月29日(水) 00:57 | 日記

7月の4連休にひさびさにこのウェブサイトの仕様をいろいろ見直しまして、実際に仕様を変更したところと、変更を検討したけど変えなかったところがあったので、今後のために記録しておきます。

当サイト(ブログ)の主な仕様

CMSはMovable Type Pro(個人向け無償ライセンス)の最新版。2007年1月からMovable Typeを使っています。バージョン3.3からの長いお付き合い。WordPressなどに浮気することもなく、今にいたっています。
サイトのデザインは既存のデザインテンプレートではなく、ほぼオリジナルです。Movable Typeのタグを自分で書いてカスタマイズしています。
さくらインターネットのレンタルサーバーで運営していて、プランは「スタンダード」です。月額約500円。

変えたこと

・PCサイズでの右のナビゲーションの横幅を250pxから300pxに拡張

標準的なバナーのサイズに合わせて拡張しました。当面AdSenseなどを入れる予定はないのですが、気が向いたらいつでも入れられるようにしました。
メインの記事部分の横幅は640pxで変わらないので、右側が広くなったぶん、左右のバランスが悪く感じてしまいます。

・右ナビゲーションの拡張に伴い、PCサイズでのサイトの横幅を1020pxから1060pxに拡張

実際にコンテンツが格納されている部分(白いエリア)は横1040pxで、四方に10pxずつのマージンを取ってあります。この10pxの範囲内にドロップシャドウを入れています。
近年、デスクトップパソコンは横3840pxとかの高解像度ディスプレイを使う人も増えてきましたが、その場合はスケーリングを150%にするのが普通なので、PCでの横幅はこれまでの1920pxが主流だった時代と同じでよさそうです。

・記事のタイトルと見出しを拡大

PCでもスマホでも、各記事のタイトル(h3タグ)をひとまわり大きくしました。ついでにタイトルの左にあるギターのピックの絵も少し高解像度にしました。
文中見出し(h4タグ)もこれまでより2px拡大しています。

・画像に「loading="lazy"」の属性を追加

前回の記事など画像が多くて、一気に全部の画像を読み込むとサイトの表示が重くなってしまうので、画像の遅延読み込みを有効にするため、imgタグに「loading="lazy"」の属性が自動で付与される設定を追加しました。
実装には、Movable Typeの「MT NativeLazyLoad」というプラグインを使いました。
現状で「loading="lazy"」が有効なブラウザーは限られているようですが、スマホの主要なブラウザーではほぼ対応しているようだし(Chromeはimgタグの属性に関係なく、元から遅延読み込みをする仕様)、これで多少はページの読み込みが早くなるんじゃないかと思います。

変えようとしたけど断念したこと

・ウェブフォントの導入

さくらインターネットのレンタルサーバーで使えるウェブフォントや、Googleのウェブフォント「Noto Sans JP」を試しに入れてみたのですが、どれもしっくり来なかったので、フォントはこれまでと同じくWindowsではメイリオ、Macではヒラギノ角ゴとしています。
Windowsだと游ゴシックのサイトが増えていますが、これも個人的にしっくり来ませんでした。当面はメイリオのままにしようと思います。

・デザインをさらにシンプルにする試み

最初は「note」というブログサービスのデザインを拝借しようとして、外枠や背景色をなくして全面白にしようと思ったのですが、背景や罫線を完全になくすとかえって見にくかったので、こちらも現状維持としました。

サイトの基本デザインは、かれこれ10年以上不変です。過去には背景色が緑色だったり水色だったり茶色っぽかったりした時期もありますが、このくらいの適度なシンプルさが個人的には気に入っています。

なぜか印刷用CSSにこだわる

これは今回変更したことではなく、昔からの仕様なのですが、印刷用のCSSをかなりきめ細かく作っています。
興味のある方はぜひパソコンで記事ページを開いて、印刷プレビューを見ていただきたいと思います。右ナビゲーションなどは表示されず、記事部分だけがいい具合に、実にいい具合に印刷される仕組みになっています。
このサイトの記事を印刷したいという需要は皆無だと思いますが、もしこのサイトのデザインを、印刷用CSSも含めてご自身のサイトにも応用したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、当サイトの仕様を参考にしていただければ幸いです。

別の月の日記を見る