2019年5月5日に京都を散歩した思い出・前編

2020年7月28日(火) 00:55 | 日記

観光客であふれる在りし日の京都駅

こちらの日記の続きです。

2019年5月4日夜、コロナなんてなかった大阪の思い出

新型コロナウイルスの感染がいよいよ危機的な状況になってきまして、僕もこの4連休はほとんど家に閉じこもっていました。遠くへ遊びに行きたい願望をぐっとこらえながら、せめて楽しかった1年前のことを振り返ることにします。

190505_091025.JPG
動物園前から御堂筋線に乗って梅田駅。そこからJRの大阪駅へ行きます。
そういえば去年の秋に阪急の梅田駅が「大阪梅田」という名前に変わりましたけど、むしろ大阪駅が「JR梅田」に改名した方が分かりやすい気がしなくもないです。

190505_095905.JPG
着きました。京都駅。こちらは北口(烏丸口)のロビーですね。

190505_100039.JPG
大型連休中だしいい天気だし、わけのわからない感染症も流行していないので、京都駅は朝から観光客がいっぱいです。

190505_100148.JPG
駅前のバス停にも人がいっぱい。手前のバスは僕が学生時代にお世話になった206系統ですね。三十三間堂と清水寺らへんを通って、昔僕が住んでいた八坂神社らへんを通って、京都大学方面へ行くバスです。

190505_100310.JPG
この日は本当にいい天気でした。横方向にやたらと大きい京都駅。

190505_100032.JPG
京都駅に背を向けて北を向くと、京都タワーが見えます。
過去の日記をさかのぼってみたら、12年前にここに登った記録がありました。

京都タワー展望台
たわわくんがいっぱい
こんにちは、たわわくん

24歳の頃の記憶

190505_100959.JPG
京都駅から北上したところにある烏丸七条交差点。北西側に見えるのが東本願寺です。

190505_101534.JPG
京都駅と東本願寺の間の区画には、ホテルや旅館が並んでいます。ヨドバシカメラの向かいあたり。
あれは2001年だったか、当時いっしょに住んでいた人をバイクの後ろに乗せて名古屋から一般国道で4時間ぐらいかけて京都へ行って、事前にホテルの予約をしてなかったから丸太町駅あたりの電話ボックスで電話帳を見て適当に宿を探して、このへんのホテルに泊まったことがありました。当時24歳。若かった。

190505_102209.JPG
先ほどの場所から少し東へ歩くと、京都で有名なラーメンチェーンの「新福菜館」と「第一旭」の本店が隣同士に並んでいて、連休ということもあって行列ができています。
今まで何度か深夜バスで京都に来たことがあるのですが、ここのラーメン屋さんは早朝から営業していて、朝6時でも人が並んでいたりします。
ちなみに新福菜館は東京だと秋葉原などにあって、第一旭は新宿御苑前にあります。

「崇仁新町」という屋台村と「再開発」

190505_102151.JPG
この施設は初めて見ました。場所は先ほどの新福菜館と第一旭から、道をはさんだ向かいあたり。空き地に現れた「崇仁新町」という屋台街です。調べたら2018年の春にはすでにあったようですが、前年に京都を訪れたときはこの近くを通りながら、その存在に気づきませんでした。
朝10時なので、さすがにどこも開いていませんでした。
京都駅から至近という地の利もあって、かなり賑わっていたようですが、調べたら今年の5月をもって営業を終了したそうです。

「崇仁地区」と呼ばれるこのあたり一帯は大規模な再開発をしていまして、京都市立芸術大学がここに移転することが決まっています。なので屋台村の閉鎖は新型コロナウイルスのせいではなく、最初から決まっていたことです。

190505_103327.JPG
去年の春の時点ですでに工事は始まっていまして、壁にはこんな紙が貼られていました。
ここに大学ができたら、京都駅からの距離は札幌駅から北海道大学と同じくらいの近さになりますね。

190505_103334.JPG
大学だけでなく音楽ホールなども造られるようです。

190505_103709.JPG
この地域にはもともと小学校があったのですが、何年か前に廃校になりました。京都駅からほど近い場所に広い土地が空いたことが、ここに大学が移転することになった直接のきっかけとなりました。
ただ、小学校の廃校はあくまできっかけであり、京都市がこの地域一帯の再開発に乗り出すことになったのには、深い事情があるわけですが。

ここで去年書いた日記のリンクを貼ってみます。2018年5月に京都を自転車で散歩したときの話です。日記の後半で、この地域のことに触れています。

去年のゴールデンウィークの思い出3・京大から京都駅らへんまで

最後に、この地域で去年撮影した写真をいくつか紹介します。

190505_103232.JPG
柳原銀行記念資料館。気安く語ることのできない郷土の歴史です。

190505_103610.JPG 190505_103546.JPG
僕が1995年に大学受験で京都を訪れたとき、新幹線の車窓から見て衝撃を受けた光景と何も変わりません。今回の「再開発」で、古びた街並みも消えてしまうことになるんですかね。それは果たしていいことなのか、どうなのか。

190505_102722.JPG
僕が学生のときには、こんなにきれいな水辺は見た記憶がありません。「再開発」はすでに進んでいます。

190505_103927.JPG
塩小路橋から見る鴨川とJRの線路。橋の落書きが放置されているのが残念ですが、これでもずいぶんきれいになりました。鴨川も七条大橋あたりまでは昔からきれいだったのですが、このあたりは普通にゴミが流れていた記憶があります。

京都駅界隈の散歩はそこそこにして、鴨川を渡って七条駅から京阪電車に乗ります。続きは後編で。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。