在宅勤務、どうしても体のどこかが痛くなる理由

2020年4月27日(月) 22:18 | 日記

なにごとも実際にやってみないと分からないものです。在宅勤務の環境を整えることは簡単ではありませんでした。
今日お伝えするのは、きのう書いた記事の続編です。

6畳のアパートで在宅勤務をするための買い物

姿勢の悪さを直すための苦闘

狭い部屋に机と椅子を置いて、これで在宅勤務を問題なく進められると思ったのですが、いざ始めてみると、姿勢が悪いせいか膝が痛くなってきました。
これは机が低すぎるせいではないかと疑いました。

そこでさっそく試したのがこちら。
ゴム
高さ3cmのゴムを4個、さっそく買ってきました。これを机の下にかませて、机の高さを70cmから73cmに上げてしまおうという作戦です。
結論から言うと失敗でした。下半身は楽になったのですが、机が上がったことで腕の位置が高くなり、今度は肩がつらくなりました。

それじゃあいったい、何がまずかったのか。
僕はようやく気づきました。ノートパソコンで文字を打つのが良くなかったのだと。

会社ではデスクトップのパソコンを使っています。大きなモニターが適正な位置にあるので、見上げたり見下ろしたりすることなく、無理のない姿勢で作業できます。
ところが自宅で使っているノートパソコンだと、画面が小さいため、どうしても見下ろすような姿勢になってしまいます。だから最初は机の位置を上げることで、見下ろして前傾姿勢になる状況を是正しようとしたのですが、前述のとおり腕の位置が悪くなるので無理でした。

だからといってデスクトップパソコンを高いテーブルで使うわけにはいかないので、どうにかしてノートパソコンのまま少しでも快適な環境にするしかありません。
そのためには、机の高さを変えずにモニターの位置を高くすることが必要です。
そこで、今日はこんなやり方で急場をしのぐことにしました。
パソコンと地図
古い地図帳を枕代わりにして、手前側に傾斜をつけてモニターの位置を少し高くしました。
これだけでもかなり姿勢が改善され、体が楽になりました。
今度時間があったら、ちゃんとしたノートパソコンスタンドを選ぼうと思います。

在宅勤務のときの心がけなど

日々生活している自室で仕事をするのは、気分的に難しいものです。「ノマド」なんて言葉がありましたけど、自宅ではなくカフェなんかで作業する人がいるのは、「自宅を仕事の場所として使いたくない」という気持ちの問題が大きいのではないかと想像します。もっとも、世の多くの人が在宅勤務を強いられるきっかけとなった新型コロナウイルスのせいでカフェはほぼ全滅しているため、今はノマドな人々も家に引きこもるしかない状況なのですが。

僕が自宅で仕事をするのにあたって、下記のサイトを参考にしてみました。

上手な「在宅勤務」のコツ(Google Cloud blog)

それぞれの項目の中には自分にあてはまらないものもありましたが、以下のふたつの考え方を取り入れてみました。

・仕事をする「場所」(と仕事をしない場所)を決める
・役割を演じる

机を買ったのは、ローテーブルで作業するのがつらいのが最大の理由でしたが、もうひとつの理由がこの「仕事をする場所」を作ることでした。働く場所とくつろぐ場所を切り分けたかったのです。
「役割を演じる」というのも心がけていて、業務の際はよそ行きの服装に着替えるようにしています。これも自室にいながらにしてプライベートとパブリックを切り分けるための方法です。
作業する場所がいつも寝泊まりしている部屋でも、これをやるだけで「気分」はずいぶん変えられます。

Microsoft Officeが使えないというハンデ

僕らの業界ではMicrosoft Officeがデファクトスタンダードになっています。社内で使う書類も、顧客や取引先から送られてくる書類も、だいたいExcelかWordかPowerPointです。これらが使えないとどうしようもありません。
とはいえ個人でOfficeを買うのは高いし、プライベートでパソコンを使うぶんにはなくても困りません。個人的には表計算の用途では無料のOpenOfficeを長年使い続けてきました。

でも、仕事で自分のパソコンを使うとなるとそうもいきません。今は無料のLibreOfficeを使っていますが、Excelなどと完全な互換があるわけではないので、かなり不自由さを感じています。VBAはもちろん、テーブル機能とか条件付き書式とかもExcelと同じようにはいかないので、会社のExcelの書類を勝手に上書き保存するわけにもいきません。
これに関しては、家のパソコンにMicrosoft Officeを入れる以外に解決方法はなさそうですが、しばらくしたら無用の長物になってしまうのが確実なものに年間1万3000円近く(Office 365の場合)を払いたくないのが正直な気持ちです。すでに机と椅子で何千円も出費してしまったので。

今日、東京で新型コロナウイルスに感染した人が39人と報じられて、感染者は先週の月曜よりずいぶん減ったようなので、もしかしたら5月中にも在宅勤務がなくなるかもしれません。また満員電車に乗らなければいけないのはつらいですが、今後も自宅で業務をやることに慣れられるとは思えないので、買ったばかりの机が無駄になったとしても、世の中が早く元に戻ってほしいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。