振り返ると濃密な時間だった2019年

2019年12月31日(火) 22:08 | 日記

2019年の最後の日を、静かな自宅でのんびりと過ごしています。一般家庭のお茶の間ではテレビで紅白歌合戦や格闘技やお笑い番組が流れていることと思いますが、僕はいつもの部屋で、映像も音楽もなく、エアコンの音やパソコンのファンが回る音とともに、ひとりで新年を迎えようとしています。

個人的にはとても長い1年でした。今年の春にやっていたことが、まるで2年くらい前のように感じられます。
職場では今までと違う新しい業務に携わることとなり、今までにない知見や経験を得ることとなりました。ただそれが必ずしも順調に進んでいるわけではなく、関係する人のいろいろな思いを受け止めながら業務を進めるのがなかなか重くて、よくも悪くも濃い時間を過ごすことになりました。

プライベートでも、それなりに忙しいというか、例年とは違う過ごし方をした時期がありました。記録に残したいようなことではないので記憶の中だけにとどめておきますが、生活に変化があるのはいいことです。平凡なのがいちばんよくない。

一方で、アイドルを見に行く機会はずいぶんと減りました。夏フェスには参加したけれど、それ以外のライブやイベントに行くことが少なく、以前ほど積極的に楽しむ姿勢ではなくなってしまいました。かといって別の何かに興味が移ったわけでもなく、ただ趣味を楽しむ充実した時間が減っただけという、人としてあまり望ましくない状況です。来年は何か熱中できるものを見つけたいものです。

この1年間は例年以上にいろいろありましたが、境遇は1年前とほとんど変わっておらず、ひとりで静かに部屋で過ごすライフスタイルはずっとそのままです。あまりにも変わらない境遇に不満がないわけではありませんが、就職氷河期世代として、40代になってもこうやって生きていられるだけでも恵まれていると思っています。これ以上何かを望むのはとてもおこがましいほどぜいたくな暮らしをしています。さっきもビールを飲みました。ビール系飲料でもストロングなんちゃらでもない、ハートランドビール。恵まれています。

気になるのは、小さな不運が続いていること。車検から帰ってきて2か月経たないバイクのエンジンがかからなくなりました。バッテリーかプラグに問題がありそうですが、自分では直せないのに、気づいたのが年末だからしばらく修理できない。ついていません。
あとはパソコンの特定のアプリを起動させているときにフリーズしがちだったり、パソコンで録画したテレビ番組が間違えて途中で切れていたりと、ここ1~2か月でパソコン関連のトラブルに悩まされています。録画の失敗は自分のミスですが。

2020年は世界経済の動向が心配で、特に日本はいろいろ無理をしてきた反動で落ち込みが大きくなりそうなので、職場の環境が厳しくなるかもしれません。2019年以上にたいへんな年になるんじゃないかと思っています。軽はずみな行動から今の地位を無駄に投げ打つようなことだけはしないよう、世間で騒がれた事例や周りで起きた事例を反面教師にしながら、おだやかに生きられればと思っています。
高望みしたくてもできない状況なので、まずは心を平穏に保つこと、そういう環境をがんばって維持することが当面の目標になりそうです。

最後に、この1年間僕と関わってくれたすべての皆様に、この場を借りて(誰も見ていないと思いますが)感謝の意を表します。来年もどうかよろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。