遠藤ミチロウさんを悼む祝春一番2019の2日め

2019年5月 5日(日) 22:15 | フォーク

今年もいつものように大阪の服部緑地へ行きました。2006年から毎年なので、今回で14回めです。
服部緑地1.jpg
「祝春一番2019」というライブ。今回は5月3日から5日までの3日間行われ、僕は中日の4日のみ行きました。
開場と同時に開演というシステムなので、みんな早くから並んでいます。僕が公園に着いたのは開場から50分前の10時10分頃でしたが、すでに長い列ができていました。僕の後ろにもどんどん列が伸びていきます。
服部緑地2

ミチロウさんのことを語る出演者

春一番は1971年に第1回が行われて、ライブ音源が残っているのは1972年から79年。その後長期間の休止を経て阪神大震災後の1995年に復活し、以後今年まで毎年この時期に行われています。

1972年の春一番に出たミュージシャンで、47年後に当たる今年も歌っていた人もいました。僕が行った5月4日では、いとうたかおさん、大塚まさじさん、友部正人さんがそうでした。70年代の春一番で歌って、95年以降の春一番でも歌っていたミュージシャンで、向こうへ旅立ってしまった人もいます。西岡恭蔵さん。高田渡さん。石田長生さん。加川良さん。

70年代の春一番には間に合いませんでしたが、ゼロ年代の春一番を盛り上げてくれたミュージシャンもいます。
遠藤ミチロウさん。
僕も春一番ではその歌とパフォーマンスで、何度も楽しませてもらいました。
去年は羊歯明神という民謡パンクバンドとして、スターリン時代の楽曲や、民謡風のメロディーに乗せて安倍晋三をダイレクトに非難する歌を歌っていました。そのパフォーマンスとはうらはらに、ただ片手には杖を持っていて、体はかなり悪そうでした。

春一番の初日には、夕凪というバンドが、この日の最初の曲にミチロウさんの曲を歌ったそうです。
僕が見た2日めのステージでは、小谷美紗子さんがミチロウさんの音楽とその影響について語り、ミチロウさんを知ったきっかけだというAZUMIさんの「ホワイトソング」という歌を、出番は前日なのにこの日も来ていたAZUMIさんといっしょに歌っていました。
ミチロウさんと親交の深い友部正人さんは、ミチロウさんがカバーして歌った曲「誰もぼくの絵を描けないだろう」を歌ってくれました。
ミチロウさんとあまり接点のなさそうな大塚まさじさんも、意外なエピソードを語りました。ミチロウさんが山形大学の学生だったときに、学園祭にザ・ディランII(大塚まさじさんと永井洋さんのユニット)を呼んで、そのときに会っていたんだそうです。

客席ではミチロウさんのTシャツを着ていた人を何人か見かけました。
月並みな言葉ですが、ミチロウさんの歌は生きています。心は生きています。
祝春一番2019会場

推せる小谷美紗子さん、大昔の曲を歌う友部正人さん

個人的に思い出に残ったこと、気になったことのメモです。

キング堀内さん。「いいんだぜ」という中島らもさんの曲のカバー、前には宮里ひろしさんが歌っていたのを見たこともあるのですが、そのときともまた違う、情念のこもった絶唱。歌詞も時代に合わせてアレンジされています。多様性の時代です。

いとうたかおさんは、いつものように飄々とした歌いっぷりで、大塚まさじさんとのコラボもよかった。物販でアルバムを買おうと思ったら、もう売り切れていたようです。

小谷美紗子さんも毎年のように春一番で見ている気がします。同学年のミュージシャンとして、1998年頃に初めて曲を聴いたときから、心をえぐるような詞の世界がずっと気になっていて、ワンマンライブも見に行ったことがあるし、「古参」と自称しても差し支えないだろうと勝手に思っています。
この日は「母の日」という重いテーマの曲も歌ったのですが、どんな曲でも歌い終えたあとに見せる満面の笑顔が本当に推せます。

遠くから聞こえる救急車の音に「ピーポーピーポーうるさいわ」と曲の途中なのに突っ込んでみせるヤスムロコウイチさんは実に春一番っぽいと思ったし、DEEP COUNTというバンドは「遠藤ミチロウさんが好きだと言ってくれた曲」と言って5拍子の曲を演奏するし、いろんな音楽、いろんなパフォーマンスがあります。

友部正人さんは、1974年頃の曲「誰もぼくの絵を描けないだろう」を歌っただけでなく、AZUMIさんとのコラボで、さらに古い1971年頃の曲「大阪へやって来た」も歌ってくれました。昔の歌だけでなく、最近作った鮎川誠さんと三宅伸治さんとのユニット「3KINGS」の曲も。伝説を更新し続ける友部さんです。
客席では小谷美紗子さんがとても楽しそうな顔で、友部さんの弾き語りやAZUMIさんとのかけ合いを眺めていました。

大塚まさじさんは、最近元号が新しくなったことに触れつつ「そんなんどっちでもええんですが」と切り捨てて、「それより僕の住んでる街の名前が長くなったのがいやだ。丹波篠山市。住所書くときめんどくさい」と嘆いてみせました。世間は新元号で盛り上がっていますが、そんなんどこ吹く風なのが春一番です。「令和最初の春一番」だなんて誰も言わない。
昨年に西岡恭蔵さんの故郷の志摩で、恭蔵さんの没後20年を記念したライブを開催したことに触れたあとで、最後は恭蔵さんが作った名曲「プカプカ」で、客席のおじさんおばさんたちを盛り上げてくれました。歌は生きています。心は生きています。
木村充揮
トリは木村充揮さん。客席のヤジとのかけ合いは木村さんだけの世界。憂歌団時代の曲「胸が痛い」や、今だとなかなかおおっぴらに歌えなさそうな「おそうじオバチャン」をひさびさに聴けて楽しかったです。

服部緑地3
服部緑地4
この先どんな世の中になっても、歌うことはどこまでも自由だし、語ることはどこまでも自由だし、信じることはどこまでも自由だから、自分で自分を縛ることなく、もちろん他人を縛ることもなく、何があっても自由という軸だけは持ち続けたい。今年もそんな思いを強くさせてくれるライブでした。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。