アイドルとの遭遇からの実家からの心斎橋

2019年5月 4日(土) 01:39 | 日記

10連休の後半は、連休らしく遠出をしています。

1日は会社へ行く用事があったので少しだけ会社にいて、そのあと東京駅から新幹線に乗って実家へ行きました。
その新幹線で、おもしろいことがありました。

通路をはさんですぐ横の席に、品川駅から若い女性の集団が乗ってきました。なんかみんな顔が小さいしばっちりメイクしてるし、これ絶対アイドルだろうと思ったら、その中のひとりが、あるアイドルグループの名前が書かれた黒いシャツを着ていました。物販で売っている公式グッズです。やっぱりこの女の子たちはアイドルだと確信しました。
しかもそのアイドルは、1年以上前に初めてライブを見たときにすごくかっこいいと思って、それ以来個人的になんとなく気になっていたグループ。グッズのTシャツもメンバーが移動中に着ているくらいだから普段着としても使えるくらいかっこよくて、若い世代を中心にファンの動員も順調に増えているようです。さすがにメンバーの顔までは知らなかったので、すぐに特定できませんでしたが、今が旬のアイドルにこんなところでお目にかかれるなんてびっくりしました。

アイドルファンとしては、すぐ近くに移動中のアイドルがいるとなるとどうしても気になってしまうもの。道中、メンバーは売店で買ったパンなどを食べながらスマホを見ていたり、前髪のチェックをしたりしていて、でも静岡県に入ったあたりでみんな寝てしまいました。連休はほぼフル稼働なので、疲れていたんでしょうね。
調べたらそのアイドルは、5月1日は名古屋でライブで、その後もしばらく遠征が続くとのこと。みんなやたらと大きなスーツケースを持っていたのはそういうことだったんですね。

アイドルの皆さんは僕と同じく名古屋駅で降りていったのですが、席を立つときに「新幹線は疲れる」「グリーン車に乗ってみたい」というような会話が聞こえてきました。売れたいという野望なのか、ただの好奇心なのか。いずれにしても、僕らサラリーマンと違ってアイドルは連休中働きずくめなので、報われてほしいと思います。

1日の夕方から3日の午前までは実家で過ごしました。おたがいが元気であることを確認する時間です。

そして大阪に移動して、こんなところへ行ってきました。
道頓堀1
道頓堀。大阪といって大阪民以外の人が真っ先に思い浮かべる、ベタ中のベタな風景です。夜9時をすぎていたのですが、ものすごい人の数。特に外国人観光客の姿が目立ちました。
道頓堀2
個人的にはグリコより、その右にあるスーパー玉出の電光掲示板に惹かれました。
道頓堀3
カメラを持つ欧米人やアジア人。みんな記念撮影をしていました。
道頓堀4
観光客がグリコの看板をバックに写真を撮るために、機材で光を当てる業者の人の姿もありました。パリピな人たちが記念撮影をしていました。
こういう「ベタ」があることが、観光地にとってはものすごく重要なんでしょうね。

ラーメン屋
心斎橋あたりでは、ラーメン屋さんの様子をアジア人の観光客がこぞってスマホで撮るという謎の光景も見られました。ラーメンを作る人がざるを振って麺の水を切る姿が、外国人にはエスニックに映るのかもしれません。

それで僕がなぜ心斎橋へ行ったのかというと、ここの店へ行きたかったからです。
龍の巣
このお店にはこれまでにも何度か行っています。最初に行ったのは今から6年前でした。梅田のお店にも2回行ったことがあります。

ホルモンと油かす(2013年5月4日)

どて煮
どて煮。
ホルモン
ホルモン2人前とテッチャン1人前。ちょっと食べすぎた。ホルモン1人前でもけっこうなボリュームでした。1人前でよかった。
焼いたホルモン
焼くとこうなります。油が多いので勢いよく炎が上がります。
かすうどん
かすうどん。「油かす」が入ったうどんです。今回は「卵とじかすうどん」という少しぜいたくなメニューにしました。
油かすという食材については、先日更新した日記の「京都駅らへんの地域」の歴史とも関連するディープな話があったりします。

そして今回も動物園前駅周辺のホテルに泊まります。
ホテル街
この界隈は安いホテルが密集していて、最近は欧米人の宿泊客をよく見かけます。どのホテルにも英語の案内があります。今年は去年にはなかった、欧米人を対象にした飲食店もできていました。
ただし安いホテルといっても2種類あって、おおざっぱに言うと1000円台前半の価格帯と、1000円台後半以上の価格帯に大別されます。あびこ筋(新今宮から天王寺へ行く東西の通り)に面している、住所でいうと西成区太子に位置するのが高い価格帯、そこから堺筋を少し南へ下ったところが安い価格帯となります。住所でいうと西成区萩之茶屋などです。あのあたりは釜ヶ崎と呼ばれる日雇い労働者が集まる地域で、飛田新地なんてところも近くにあったりします。

僕はいつも「高い価格帯」のホテルを選んでいます。一度だけ「安い価格帯」のホテルに泊まったことがあるのですが、ホテルの設備も周辺の環境も厳しかったので懲りました。高い価格帯でも通常なら2000円台前半で宿泊できるのに、近年はゴールデンウィークだけ値上げするようになったようで、軒並み3000円超えという強気な価格設定をしていました。

そんな中でようやく見つけた、「高い価格帯」の所在地にありながら、1泊税込み1500円という激安なホテルに今夜は泊まります。

部屋はこんな感じ。もちろんシャワーもトイレもありません。共同です。
ホテル1
廊下の暗さがいかにもな感じです。
ホテル2
いちばんの問題は、アメニティがほとんどないこと。実はこれが「高い価格帯」と「安い価格帯」の大きな違いで、普通の「高い価格帯」のホテルにはタオルがついています。歯ブラシもあります。さすがに1500円ではそこまでは望めません。
ホテルには風呂はあるのですが、タオルはありません。仕方がないので、家から持ってきたフェイスタオルでどうにかしました。
スパワールド
すぐ近くにはスパワールドがあるので、ここへ行くという手もあるのですが。機会があったら行ってみたいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。