東京でひとり暮らしを始めて14年め

2018年11月 1日(木) 23:51 | 日記

愛知県の実家から東京に引っ越したのが、今日からちょうど13年前の2005年11月1日のことでした。
この日記は、ちょうどその2005年11月1日の午前5時57分から始まっています。今見返してみると、携帯電話で撮った小さなサイズの写真が時代を感じさせます。

箱根峠

なぜ箱根峠にいたのかというと、実家から車に乗って、引っ越し業者の段ボール箱に入りきらなかった荷物を自分で運んで東京に来る際に、駐車場で休憩したためです。当時は仕事が決まっておらず収入がゼロだったため、高速道路を使わずに国道1号線ではるばる愛知県から走ってきました。しかもその車は当時乗っていたホンダのシビックではなく、シビックが故障して修理に出していたときに業者から借りていた代車の軽自動車でした。業者としてもまさか代車を東京との往復に使われるとは思っていなかったはず。

そのあたりの詳細は後日の日記に書いてありました。

11月1日から4日のまとめ

なぜ初投稿の日記がこんな中途半端な始まり方をしているかというと、もともとこの日記は、2004年5月に始めたゲームセンターのオンラインクイズゲームのプレイ日記から派生したもので、その日記からゲームに関係ない記事を抽出して独立させたという生い立ちによるものです。実際に初期の日記には、そこかしこにクイズゲームに関する記述があります。

そこからいろいろなことがあって13年。今日まで生きてこられたのは運がよかっただけだと思ってるし、この強運がいつまで続くか分からないし、いつまで東京で暮らすかも分かりませんが、東京に来て14年めとなるこの1年も、命ある限りのんびりと生きていこうと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。