武蔵境のすき家も店を閉めてたらしい

2014年3月25日(火) 02:22 | 日記

たまには社会派のネタでもひとつ。

【衝撃】すき家が次々と「人手不足」で閉店… 実際に働いているアルバイト達の悲痛な声をご覧ください - NAVERまとめ

牛丼チェーン店の「すき家」から、従業員がすごい勢いで逃げ出しているようです。
上記リンク先にもあるように、ここのチェーンでは店舗の全業務をひとりだけで仕切る「ワンオペ」と呼ばれる状況が日常茶飯事で、安い賃金で重労働させられて不満が爆発寸前だったところに、「牛すき鍋定食」という仕込みにものすごく手間がかかるメニューが導入されたのがきっかけで、ついにアルバイトがキレてしまった、という事情のようです。
今はSNSなんかを通じて他店の状況もわかるし、ある店でアルバイトがいっぺんに辞めたのをネット経由で知って、じゃあ俺たちもってことで連鎖反応でどんどん辞めているみたいです。年度末で、一年のうちでいちばん人が辞めやすい時期でもありますからね。
都内で289店舗中32店舗が閉店しているという情報もありました。Twitterなどをのぞいてみると、各地の閉店情報が写真付きで随時アップされているので、嘘や誇張ではなさそうです。もはやちょっとした社会現象です。

会社からの帰りに、気になって武蔵境駅の北にあるすき家を見に行ったら、看板の照明が消えていました。それでも店内は電気がついていて、テーブル席には4人か5人くらいの人が座っていました。店の前を自転車で通っただけなので、それがお客さんなのか、あるいは別の集団だったのかはわかりません。いずれにしても、普段は24時間営業の店が、夜に看板を暗くしているのは明らかに異常な光景でした。
調べてみたら、武蔵境のすき家も21日から店を閉めていたそうです。しかも、律儀に「従業員不足のため一時閉店しています」という貼り紙を出していたようです。うちの近所のすき家もこんなことになってたなんて。今日については「夜はどうにかなったけど、深夜のアルバイトが確保できなかったから23時30分ラストオーダー、0時閉店にするわ」みたいな状況だったのでしょうか。

さて、すき家などの飲食店を運営するゼンショーといえば、僕の中では最低最悪のゴミクズ企業です。ここの商品とサービスは未来永劫絶対に使わないと決めています。
どこが最低最悪のゴミクズ企業かというと、過去にこの会社は、すき家のアルバイト店員に対して残業代をまともに支払わず、一切の交渉を拒否し、ついにはアルバイト店員に訴訟を起こされたのですが、逆にそのアルバイト店員に対して「店舗のごはんをおにぎりにして食べた。窃盗だ」と言いがかりをつけて告訴しようとしたことがありました。
大きな資本を持つ企業が、権利を主張する個人を恫喝して黙らせることを目的に訴訟を起こすことを「SLAPP」と呼び、欧米では反社会的行為とみなされています。
「働いた分の対価を支払う」という会社として最低限の義務すら放棄し、「働いた分の対価を求める」という労働者としてまっとうな要求を退け、それどころか資本力を利用して、まっとうな主張をする従業員を暴力的な手段でつぶそうとすらした。
こうやって書いてるだけではらわたが煮えくりかえってきます。このエピソードだけでも、ゼンショーという企業の経営者がゴミクズのような人間であることはわかっていただけると思います。

すき家のふざけた逆訴訟はさすがに検察もまともに取り合わず、訴訟は最終的にゼンショー側の謝罪と和解を勝ち取ることに成功しました。

ゼンショーとバイト女性が和解 謝罪と団交を条件に

牛丼チェーン「すき家」のアルバイト福岡淳子さん(45)=仙台市=と支援する労働組合が、未払いの残業代に関する団体交渉を拒否されたとして、経営する外食大手「ゼンショー」に300万円の損害賠償などを求めた訴訟は25日までに、ゼンショーが謝罪し、団交に応じることなどを条件に東京地裁(竹田光広裁判長)で和解した。21日付。

福岡さん側の弁護士は「同様に団交を拒まれて苦しむ多くのアルバイトを勇気づける内容だ」と意義を強調した。ゼンショーは「現段階ではコメントできない」としている。

福岡さん側の弁護士によると、同社が福岡さんと労組に解決金を払うことも和解条件。

47NEWS/2012年12月25日)

ただ、多くの人にとってすき家のイメージは「強盗御用達の牛丼チェーン」だと思います。一時期、すき家を襲う強盗のニュースが毎日のように世間を賑わせていました。
レジが店内の1か所にしかないという構造に加え、会社が人件費を極限まで圧縮すべく、深夜でも従業員がひとりという危険な状況を常態化させているのが強盗に狙われやすい理由です。嘘なのか本当なのか、「すき家が強盗対策をしないのは、従業員を増やしたり券売機を導入するくらいなら、強盗にあった方がコスト的にずっとましだからだ」みたいなことも言われていました。読売新聞も、ゼンショーの広報担当者が「経営を度外視してまで防犯に取り組む必要があるのか考えたい」と発言したとの記事を出しました。ゼンショーは全力で否定していましたが。

そんなうんこ企業ですから、従業員が逃げ出してまともな経営ができなくなっても「ざまあみろ」としか思いません。まともな労働者にまともな労働条件を用意せず、まともな対価を払わず、経営者だけが私腹を肥やすような企業は社会に害悪しか与えないので、一日も早く社会から消え去るべきです。このまま永遠に閉店しててくれればいいと思います。

今回の騒動に対する言い訳もひどい。冒頭のリンク先にあるように、いくつかの店舗では休業の理由を「人手不足のため」と正直に説明しているのですが、先週末あたりから「パワーアップ工事」という謎ワードが登場するようになりました。

【悲報】牛丼「すき家」、謎のパワーアップ工事を行う店舗が続々と登場・・・ - NAVERまとめ

ゼンショーったら、わざわざ「パワーアップ工事中」の貼り紙をあわてて作ったんですね。失笑ものですね。
24日午前の時点で、ゼンショーから正式なコメントはなかったようですが、夜になってこんなニュースが飛び込んできました。

「すき家」相次ぐ閉店は「牛すき鍋定食導入で人員不足」のせい? 運営元のゼンショー「考えられない」
「牛すき鍋定食」に手間がかかりすぎて従業員が辞めてるって本当?

ゼンショーの牛丼チェーン店「すき家」が相次いで閉店しているという報告がネットユーザーから寄せられ、その原因は新メニュー「牛すき鍋定食」導入による人員不足だといううわさが広まっています。果たしてうわさは事実なのか。ゼンショーの広報部に聞いてみました。

ネットのうわさでは、2月24日から投入された新商品「牛すき鍋定食」の提供に手間がかかって厨房を回せないなど忙しさに耐え切れず、従業員が店を大量に辞めて人手不足になっていると言われています。3月から店舗の一時閉店が続いているのはそのためだ、とも。

掲示板などでその根拠として挙げられているのが、Twitterに投稿された数枚の写真。すき家店舗の入り口に、「人員不足のため、店舗を一時閉店させていただいきます」といったお知らせが書かれた張り紙が貼られている写真です。確かに、人員不足によって一時閉店しているすき家の店舗はあるようです。

では実際の理由はどうなのでしょうか。ゼンショー広報部によると、一時的な閉店はリニューアルにともなう改装作業が基本で、人員不足はまったく別問題と考えているとのこと。リニューアルは3月から順次開始しており、2016年3月までの2年間で1985店舗中1000店舗を改装する予定。多品種のメニューを円滑に提供するための厨房の強化と、利用客にとって快適なフロア作りを主な目的としています(リニューアルは3月24日に発表されています)。

(中略)

ちなみに改装により閉店した店舗は、営業再開にはだいたい1カ月程度かかるとのこと(店舗の規模や形態によりバラつきあり)。一時的に閉店する店舗の情報は、随時公式サイトで公開していく予定です。

ねとらぼ/2014年3月24日 強調は筆者)

週末を使って考えた言い訳がこちらのようです。
上記記事のかっこ書きの「リニューアルは3月24日に発表されています」って、これどう見ても読者に「24日って今日やんか!」って突っ込ませる構成ですよね。思わず笑っちゃいました。最後の段落にしても「改装にはだいたい1カ月程度かかるとのこと」って書けばいいところを、わざと持って回ったような言い方をしてるし。

ゼンショーがすき家の店舗リニューアルを予定していたのが本当なら、事前に告知があってしかるべきですよね。どうして事後報告だったのでしょうか。予告なしでいきなり大量に店を閉められたら、売り上げは確実に減るし、いろんな人に迷惑がかかるはずです。株主や取引先は全力で怒るべきところです。
まあ誰ひとりとして「リニューアル」なんて信じちゃいないと思いますが。ネットの情報ですが、開店して間もない店舗も「パワーアップ工事中」だったそうですから。

ネットでの反応の中に、「すき家のアルバイトが大量に辞めたのは景気がよくなって、よりよい条件の働き口を見つけやすくなったから」という指摘がありました。もしそれが本当だとしたら、とても好ましい変化だと思います。自民党や財界の連中は以前から「雇用の流動化」としきりに言っているので、アルバイトとはいえ労働者の側から流動化が進むとしたら、願ったり叶ったりじゃないですかね。よかったですね。
もし景気の回復と雇用の流動化が同時に進んだら、いちばん割を食うのは「能力の低い経営者」です。ゼンショーのようなブラック企業にはまともな労働者が誰も寄りつかなくなり、やがて淘汰されていきます。
無能な経営者を甘やかしてきた不況とデフレから脱却し、反社会的な企業が世の中から一掃されることを強く望みます。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。