自転車にのって、ちょいとそこまであるきたいから

2014年2月23日(日) 01:33 | 日記

自転車
1週間前の大雪が影響したのかどうかわかりませんが、自転車に乗るとけたたましい摩擦音が鳴るようになりました。
今日まで乗っていた自転車は4年くらい前に買ったもの。修理してもらおうと思って駅前の修理工を訪ねたところ、ぱっと見てどこがおかしいのかわからないとのこと。ブレーキのワイヤーも伸びきっていて、交換しないと直らないとのことで、いいかげん古いしもう限界だろうと判断して、思い切って新しい自転車を買うことにしました。
それが冒頭の写真。そのまま載せたら色で特定されるといけないので、モノクロっぽい写真にしました。

新車は26000円とちょっとお高め。主な用途は家と駅の往復なので、スピードより実用性を重視して、大きなかごや泥よけがついているモデルにしました。6段変速です。
4年ぶりの新車は、あまりにも乗りやすくてびっくりしました。新しいから当然だけど、動きがなめらか。変な摩擦がない。ライトがついててもダイナモが回る音がほとんど聞こえない。自転車ってこんなに快適な乗り物だったんですね。
それに、前の自転車と比べてフレームが前後に短いのと、ペダルの位置が妙に高いから必然的にサドルも高くなったりして、乗ってるときの姿勢が前とはぜんぜん違います。そのせいなのか知りませんが、前輪がオーバーステア気味というか、やたら軽いのがちょっと気になります。たぶんすぐに慣れると思いますが。
暖かくなったら、このマシンに乗って遠くの公園にでも行こうと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。