ふと受験生だったときを思い出してみる

2014年2月 3日(月) 23:59 | 日記

朝、いつものように武蔵境駅へ向かうと、交差点でたくさんの若者が信号待ちをしていました。
今日は日本獣医生命科学大学の入試の日です。
信号が青になると、100人近い受験生たちが大学の校門に吸い込まれていきました。心なしか足取りは重たい感じ。無理もないですね。楽しいことをしに行くわけじゃないですから。

自分が大学を受験したのは、今から19年前のことです。
18歳になったばかりの、2月のそんなに寒くない金曜日。京都へ行くのは、小学校の修学旅行以来でした。
試験は土曜日と日曜日の2日間。出発前から試験1日めのことを、今でも鮮明に覚えています。
当時はまっていたアニメ「セーラームーンS」の最終回の録画を予約して出かけたこと。
金曜日の夜にホテルの部屋のテレビをつけたらKBS京都の「競馬展望」という番組がやっていて、土曜日の阪神のメインレースである仁川ステークスの予想をしていたこと。
そのホテルでは、コンビニで買った普段は飲まないペットボトルの緑茶を飲みながら、最後の悪あがきで英語の長文の参考書を読んでいたこと。
1日めの昼食を買ったコンビニが、当時愛知県に1軒もなかったセブンイレブンで、レシートをもらってちょっとテンションが上がったこと。

それ以外の記憶は、ほとんどありません。
1日め、試験を終えたあとどうしたんだっけ。たぶんホテルの送迎バスに乗ってさっさと帰ったはず。あのホテルの周りには何もなかったし、夕食を食べたらさっさと寝たんだっけ。何も覚えてない。
入試2日めのことも記憶がありません。確か午前中に国語、午後に数学があったと思います。いや国語は1日めの午前だったかな。
数学は150分という長丁場でした。解答用紙と別に計算用の白い紙を渡されて、両方とも提出しました。

同じ高校で、同じ大学を受けた人はたぶん30人くらいいましたが、あの学部を受けたのは僕だけ。話し相手のいない孤独な空間でしたが、今以上に性格がひねくれていた当時の僕にとっては、むしろ孤独こそが日常。今も昔も「どうせなるようにしかならない」という投げやりな性格がいい方に働いて、試験はまるっきり緊張せずにのぞめました。そしたら運良く合格できました。

そんなわけで、誰も頼んでないですけど、僕がいかにして難関国立大に合格できたか、どんなふうに試験にのぞんだかを振り返ってみたいと思います。
これから入試を受ける方には「もう遅いよ」って話かもしれませんが、難関国立大を目指す高校2年生の皆さんと、高校2年生の弟や妹やお子さんや甥や姪などがいる大人の方は、参考にできるところは参考にしていただければ幸いです。

【数学、物理、化学】

(1) 基礎となる理論は覚えていて当たり前

特に物理や化学はそうですが、決まっていることはそのまま覚えていなければどうにもなりません。覚えていることを前提として、それをどう展開していくかが問われるわけです。暗記が苦手で理系を選んだ人もいると思いますが、こればかりは覚えるしかありません。どっちがサインでどっちがコサインか迷ってたらたぶん受かりません。ブドウ糖の構造式なんて考えて導き出すものではありません。
化学なんてなにげに覚えることが多いし、記憶だけでも足りなかったりするから、けっこうたいへんでした。
その点、数学は覚えるべきことは少ないので、ある意味楽です。

(2) 問題を解きまくって、試験に慣れる

過去問に当たって、理論や定理から問題の解答にいたる道筋をいろんな方法でたどってみる。これを時間が許す限りやりまくる。
こういう訓練を重ねることで、実際の試験でも頭が柔軟に動くようになります。僕の場合、センター試験から二次試験の間は学校が休みだったので、1日6~7時間くらいは何かしら問題を解いていたと思います。
いきなり難しい問題に挑戦して、わからないからすぐに答えを見るのは非効率です。自分ひとりで解けるぎりぎりの問題を解いていきながら、「自力で解答にたどり着く」という経験を重ね、そして徐々に難易度を上げていくのがいいと思います。
もちろん、基礎をきちんと覚えているのは前提条件です。基礎ができてないのに過去問を解いてもたぶん効果は薄いと思います。
本番が近づいてきたら時間配分も意識して、脳だけでなく体全体を試験モードに近づけていくことも重要です。

【英語】

(1) とにかく英語の長文を読みまくる

僕は英語があまり得意ではなかったので、まずは「英語の長文に慣れる」というところから始めました。試験には制限時間があるので、きちんと時間内に英文を読みきれないと話になりません。英文を読むときはわからない単語に引っかかったりせず、とりあえず読み進めてみる。読んで大筋を理解する。細かいところを調べるのはそのあと。こっちの方が、わからない単語に出くわすたびに辞書で調べるより、言葉の意味が頭に定着するような気がします。
暗記が苦手な僕にとって、単語は単語帳では覚えられないので、文章の中で理解するようにしていました。

(2) 「音」を意識する

僕は英語があまり得意ではなかったので、字面を追いかけるだけではなかなか理解が進みませんでした。だから英文は実際に音読してみたり、それができない環境では頭の中で音読して、英語を「音」で理解するよう心がけていました。これは中学生のときに通っていた塾の先生に教わったことでもあります。
言語って文字より音声の方が先にできたわけだから、理にかなってますよねきっと。

【国語(現代文)】

現代文については「こういう勉強をしたらうまくいった」というのはないんですけど、ひとつのきっかけになったのが、高校2年の春から始めた日記でした。もちろん、1993年の話ですからブログとかSNSの日記なんかではなく、ノートにシャーペンで字を書くタイプのリアルな日記です。
ポイントは、日記といえど日々の記録にとどめるのではなくて、「誰かに読んでもらう体で書く」ということ。実際に僕の日記は他人に読まれたことはないんですけど、たとえば「未来の自分に向けて書く」という設定でもいいかと思います。
実際にどんなことを書いていたかというと、たとえば学校やプライベートで起きたこと。友人と話したこと。買い物をしたこと。あるいは、好きなスポーツの結果とその感想。当時は競馬とF1のことをよく書いていました。誰かに説明するような感じで。架空の読者に対して、自分の心の中の風景と同じ風景が見せられるように、最適な表現方法を探り続けながら。
これをやると何がいいかというと、「頭の中にある抽象的な概念を言語化する」という力が鍛えられます。抽象的な概念と具体的な言語の間をスムーズに行き来できるようになれば、たぶん現代文の読解もスムーズにできるようになる。自分ではそんなことまるっきり意識していませんでしたが、毎日欠かさず日記を書いているうちに、知らないうちにそういう力がついていたみたいです。高校3年生になって、現代文の学年順位が突然上がりました。
今自分が文章を書く仕事をしているのも、このときの体験がもとになっていたりします。

【試験の心構え】

・試験って要はスコアアタックです。目の前の問題を解くことだけに集中しましょう。スポーツじゃないんだから、他人の存在なんて関係ありません。ただひたすら孤独に、点数と戦うのが試験です。

・やっぱり平常心が大切。初めて来た場所で、周りは知らない人ばかりという環境では緊張してしまう人もいるかもしれませんが、いかに慣れない環境であろうと、とにかくスコアアタックに入り込むこと。よけいなことは考えちゃいけません。本番で実力以上のものは絶対に出せないんだから、気負っても仕方ありません。開き直りましょう。

・昼食は糖分を取るのがいいかもしれない。菓子パンなんかおすすめ。確か僕も甘いパンを食べました。

これはあくまでも「実際に大学に合格した人がたまたまこういうことをしていた」という一例であって、「こういうことをしたから大学に合格した」という因果関係ではないことにご注意いただければと思います。同じことをしても効果があるかもしれないし、ないかもしれません。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。