DVDレコーダーの壊れたドライブを自力で交換した話

2013年12月 6日(金) 02:09 | 日記

12月だというのにぜんぜん寒くないですね。温暖化ですね。地球の危機ですね。
危機といえばこの前の日曜日。うちのDVDレコーダーでテレビ番組をDVDにダビングしていたところ、突然DVDドライブが反応しなくなってしまいました。
2008年から5年以上使ってきたDVDドライブが、ついにご臨終です。
DMR-XW120
買った当初は地デジやスカパーe2をハイビジョン画質で残すため。新しくブルーレイレコーダーを買ってからは、スペースシャワーやM-ONの音楽番組、フジテレビワンツーネクストやMONDO TVやTBSチャンネルのバラエティ番組などをSD画質で残すために使い倒してきた、パナソニックの「DMR-XW120」。
HDDは生きているので録画できなくもないし、DVDにダビングするときはもう一台のレコーダーを使えばいいのですが、故障したDVDドライブを読み込みに行ってエラーが出て録画に失敗したことがあったので、これは直すしかないと思い、修理のやり方をネットで調べました。
そこで見つけたのが、「DVDドライブだけ買って、自分で交換する」という方法。これなら修理に出すよりずっと安上がりですみそうです。
VXY2009
こちらが某所で手に入れたDVDドライブ。VXY2009という型番です。約1万円で買えました。
それでは、さっそくDVDドライブを交換してみましょう。
レコーダーの中身1
初めてレコーダーのカバーを開けました。中身はこんなふうになってるんですね。向かって右側がDVDドライブ。左側にあるのはハードディスクです。
レコーダーの中身2
DVDドライブは、ネジを3本外すだけで簡単に取れます。
レコーダーの中身3
新しいドライブを装着。接続する配線は2本だけなので、簡単な作業でした。
写真の奥に見えるのが、故障した古いDVDドライブです。中央部が黄色っぽく変色しているのが古さを感じさせます。

ドライブの交換が終わったらDVDドライブをもとの棚へ。配線をもとどおりつないで電源を入れたところ、エラーが出なくなりました。
さっそくDVDへのダビングを試したところ、ダビングはうまくいきました。自力でのDVDレコーダーの修理は見事に成功しました。
これで心配の種がひとつなくなりました。よかった。

なお、作業の手順はこちらのサイトを参考にさせていただきました。
DMR-XW120のDVDドライブが逝ってしまったので交換しました - Deuxのブログ

コメント

取り替えたのは同じ型番のドライブですか、
違う型番ならば、ライティングソフトも書き換えたのですか?

同じ型番のドライブを選んで購入しました。ソフトウェアなどには触らず、ただドライブを交換しただけで、これまでと同じように書き込みができました。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。