台風26号で電車が止まった日の記録

2013年10月16日(水) 10:42 | 日記


・朝8時10分に出発。雨はやんだが風は強い。前日は大雨で自転車を駐輪場に置いてきたため、駅までは徒歩。8時20分頃に武蔵境駅に着く。駅の案内表示を見ると、次の電車は8時6分発。やはり遅れている。

・ホームに着くと、いつもよりたくさんの人。すぐに電車が来たが、満員なので乗るのを断念して、次の電車を待つことにする。

・ドアが閉まり、発車するかと思ったら、再びドアが開く。満員すぎてドアに荷物でもはさまったのかと思ったが、ドアは開いたまま。時刻は8時半をまわる。この電車に乗ったとしても遅刻が確定。

・停車の理由は前の駅に電車が詰まっているからとのこと。仕方がないのでホームで待つことにする。

・8時40分頃に新情報。中央線、運転見合わせとのこと。バスの振り替え乗車の案内があると、車内から続々と乗客が降り始める。

・9時6分に、西武多摩川線を1本だけ白糸台まで走らせるとのこと。新宿方面へ行く人に、白糸台から京王線の武蔵野台駅に乗り換えるよう案内。9時頃まで中央線のホームで待つが、あきらめてホームを後にする。

・ホームの階段を降りると、下ではホームに入りきれずに待っていた人がいっぱい。駅員が配っていた振り替え乗車の証明書を受け取り、西武多摩川線のホームへ。

・何年ぶりかで乗る多摩川線。こちらも線路での倒木のため運休状態。9時6分発の白糸台止まりの電車が当面の最後の電車。あり得ないくらい混み合う多摩川線の車内。9時6分を少し回って出発し、10分ほどで府中市内にある3駅先の白糸台駅に到着。

・白糸台駅から京王線の武蔵野台駅まではけっこう距離がある。ほかの人の後ろについてとぼとぼと歩く。道の途中に小学校があったが、静かだった。

・武蔵野台駅は新宿から見て飛田給駅の次。各停しか止まらないので、電車が来るまでしばらくかかった。急行が1本通過したあと、9時33分頃に電車が来る。調布駅で特急に乗り換える。特急といえども、こんな状況なのでスピードが遅い。

・新宿駅に着いたのは10時3分頃。中央線なら20分ちょっとの距離なのに、55分もかかった。中央線は運転を再開したとのこと。

・JRに乗り換えて、山手線で高田馬場まで向かおうとするが、ここでも足止め。新宿から電車が動かない。向かいのホームの三鷹行き総武線も同じ。どっちが先に動くのかと思ったら総武線だった。山手線が遅れている原因は「マンションの窓枠の補修」とのこと。丸ノ内線や副都心線の利用を促される。ようやく発車したのは10時25分。

・新宿から高田馬場へはわりとスムーズに移動できた。高田馬場で東京メトロ東西線に乗り換え。神楽坂駅に到着したのは10時40分。家を出てから2時間半と、いつもの3倍の時間をかけた優雅な出勤だった。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。