都内のスーパーでキリンラーメンを見つけた

2013年8月12日(月) 23:39 | 日記

たいらや武蔵境店
キリンラーメンといえば、西三河地方に生まれた人ならみんな知ってる碧南生まれのインスタントラーメン。碧南の隣の高浜市で生まれた僕も、子供の頃にたまに食べていました。
子供の頃には地元のスーパーにしか置いてなかったキリンラーメン。まさか東京のスーパーにあるなんてびっくりしました。

キリンラーメンを発見したのは、武蔵境駅の北にある「たいらや」というスーパー。「新発売」と書かれているので、最近売り始めたのでしょうか。
袋入りが1人前で158円だから、かなり高いです。中華三昧あたりと比べても高いと思います。
キリンラーメン
ご覧のとおり、材料はすべて国内産。古くさいパッケージですが、実はかなり高級なラーメンです。

去年の年末に実家に帰ったとき、たまたま近所のコンビニで袋入りのキリンラーメンを見つけて、うれしくなって買って帰ったことがありました(キリンラーメンとの再会)。今度実家に行くときはまた買おうと思っていたら、まさか家の近所で買えるとは。小学生の自分に「25年後はキリンラーメンが東京でも買えるんだ」って言っても信じてくれないだろうな。
ただ、こちらではおなじみの6食入りの袋は置いていませんでした。1人前入りの1食分のみ。そこはちょっと残念です。

キリンラーメンについて書かれた新聞記事を見つけたので貼っておきます。
キリンラーメン:「あっさり」で売り上げ急増−−愛知・碧南の小笠原製粉製造(毎日jp)

ちなみにこの「たいらや」というスーパー、キリンラーメンだけではありませんでした。乳製品コーナーでは名糖とスジャータの製品が幅を利かせていて、名古屋臭がむんむん漂っていました。アイスコーナーにはもちろん井村屋のあずきバー。見てないけど、たぶんお菓子コーナーには春日井製菓の飴やらマルカワフーセンガムやらクッピーラムネやらが跋扈していると想像されます。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。