2か月ぶりの渋はちライブ

2013年6月27日(木) 00:23 | アイドル

メンバーを見たら「うめ子+かえぴょん+4期生+5期生」という何かが起きそうな組み合わせだったので、急きょチケットを買うことにしました。ファン様クラブの先行予約ではなく一般の先行予約で買ったところ、渋はちでは初めての2階席になりました。
2階の最前列だったんですけど、距離的には1階最後列の立ち見席よりちょっと遠い印象。メンバーの表情はよく見えなかったものの、ステージを上から見渡せるから、みんなのダンスを見るにはとてもいい位置でした。

それではさっそく、今日の渋はちライブとアイドリング!!!のゆかいなステージを振り返ります。

・開演前に祐奈ちゃんと佳蓮ちゃんがふたりでぬるっとした影ナレ。何度も噛んだり言い直したりしながらひととおり注意事項を話し終えたあとに、「佳蓮たんかわいい」「そういうのいいから」みたいなぬるっとしたやり取りを聞かせる、アイドルオタクの心理をよくわかってる祐奈ちゃんでした。

・今日のメンバーを見た第一印象。瑠夏ちゃんやせた?

・尾島さん髪伸びたなぁ。なんかぼさぼさな感じだったし、思い切ってばっさり切ってもいいのでは。

・祐奈ちゃんのアイドル力がものすごく際立っていました。なにあの完璧すぎるアイドル。表情とか振り付けとか、たまに客席に手を振るようなしぐさとか。河村さん以外は同期と年下と後輩というメンバーだから、いつも以上に弾けていたんでしょうかね。3年くらい前にまいぷるさんが「あの子はアイドルになるために生まれた」みたいなことを言ってたのを思い出しました。

・祐奈ちゃんに負けないくらいアイドルだったのが楓ちゃん。今日のライブでは4期生全員の「犯人はあなたです」、5期生全員の「ベタな失恋~渋谷に降る雪~」、楓ちゃんソロの「放課後テレパシィ」、うめ子さんソロの「3度目の記念日」があったのですが、楓ちゃんのソロも完璧なアイドルでした。3月3日の渋はちで「赤いスイートピー」を歌ったときもそうでしたが、ソロで歌うときのあのかわいさを発揮できる場をもっと増やしてほしいと思いました。

・河村さんもソロでは本気を出してた。この日のうめ子さんは、主役を4期生に任せて一歩引いた立場だったのですが、今日の「3度目の記念日」は、僕がこれまでテレビやライブでいろんな人が歌うのを見てきた中で、誰よりもうまかったと思います。うめ子ファンにとっては最高の夜になりました。

・そんな河村さん、「キャラメルラテ飲み行こー!」の最後のサビの直前で、高橋さんにカンチョーをしてるように見えました。たぶん1階席からだとわかりにくかったと思います。くるみんは苦笑いしてました。

・恒例の生声コーナーは「Don't think. Feel!!!」。ここでなんと祐奈ちゃんが曲の出だしを間違えるというアクシデントで、歌い直しになってしまいました。河村さんによると生歌での失敗は史上初だそうです。歴史的瞬間に立ち会えて幸せです。

・生歌でも河村さんは後列に回り、メインは後藤・橋本コンビと倉田・伊藤・石田トリオ。意外だったのが後藤さん。いつもは変に力の入った歌い方ですが、生声だとなぜかいい具合に力が抜けて、でも声はしっかり出ていて、いっしょに歌った楓ちゃんの声がかき消されるくらい。後藤さんはきちんとトレーニングすればそれなりに歌えそうです。そして石田さんは、生声のときはメインボーカルオーディションの「森のくまさん」のときと同じ動きで、妙に気になってしまいました。正直、大人メンバーが河村さんしかいない生声はどうなることか心配していたのですが、最初のミスを除けば思いのほかうまく歌えていて、びっくりしました。

・もうひとつの史上初が、祐奈ちゃんが「Don't be afraid」の大サビを歌ったこと。これまでお台場合衆国や品はちやジュクはちや渋はちでも歌ったことなかったんだ。意外でした。本人はすごく緊張したと言っていましたが、ちゃんとうまく歌えてたし、2階席から見た祐奈ちゃんは「センター感」が全身からあふれ出ていました。頼もしいです。

・今日のセットリストはたぶんあとで玉川さんがブログに書くと思いますが、全体的にニコはちっぽいセットリストだと思いました。新曲のレコーディングやPV撮影やリリースイベントで忙しかったでしょうし、レアな楽曲を入れる余裕がないのかもしれません。

そんな感じで、ひさしぶりの渋はちライブを楽しみました。
20人のライブもいいけど、10人くらいの規模だとメンバーひとりひとりを追いかけやすいのがいいですね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。