2012年最後のアイドリング!!!

2012年12月31日(月) 16:26 | アイドル


帰省先から自宅に帰る前に、フジテレビの「お台場合衆国」へアイドリング!!!を見に行きました。
わずか5日前に野元さんの卒業の発表があって、あれからずっともやもやした気持ちが消えないから、メンバーの姿を見たら、少しは忘れられるかもと思って。未練がましすぎる性格に、自分でも引いてしまいます。

今日のメンバーは外岡さん、朝日さん、尾島さん、石田さん、玉川さんの5人でした。
整理券がないので少し後ろから見ることになりましたが、それでも渋はちの立ち見席よりは近い距離です。夏にAeLL.との合同イベントを見たときと同じくらいの見やすさでした。

まず目を見張ったのは石田さんの美しさでした。初めてニコはちライブを見たときにも思ったのですが、じかに見るとアイドリングでナンバーワンの美少女になるときがあります。

次に目についたのは朝日さんの脚のたくましさ。石田さんの白くて細すぎる脚や玉川さんの現役ティーンモデルらしいすらりとした脚、外岡さんや尾島さんのようにいい感じにむっちりした脚とは違い、ひとりだけアスリートのようないでたち。太ももに縦に一本、筋が通ってるんですよね。さすが男の子です。
そんな朝日さん、今回はメインMCを務めたわけですが、いつものように微妙にかみ合わないトークで笑わせてくれました。そつのない朝日さんなんて朝日さんじゃない。

尾島さんはいつにも増して笑顔でした。会場にご両親かお友達がいらしていたのでしょうか。
リズム音痴ぶりは今日も際だっていました。ほとんどのソロパートはうまく歌えていたのですが、「MAMORE!!!」の「思ってる」の歌詞だけ思いっきり遅れてしまいました。あれさえなければ今日は普通のアイドルだったのに。

外岡さんのアイドル力は今日も完璧でした。声もダンスも表情もまさにアイドル。聴かせどころはきちんと聴かせる歌唱力も素敵でした。2008年頃からずっとアイドリングのアイドル部門を引っ張ってきた安定感です。

トークが2012年を振り返る流れになっても、誰も「あのこと」には触れませんでした。「いろいろあったけど楽しい一年だった」と話したのは尾島さん。きっと今でも、「まながいなくなって寂しい」「来年は20人でがんばります」って口に出すのもつらいんじゃないか、と想像してしまいます。
でも今日は5人ともずっとにこにこ笑っていました。その姿が見られただけでも、はるばるフジテレビまで行ってよかったと思いました。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。