増田有華さんのAKB脱退について思ったこと

2012年11月30日(金) 03:04 | アイドル

2年ほど前だったと思いますけど、AKB48のチームBのライブをたまたまテレビで見て、そこで初めて増田有華さんの存在を知りました。AKBにもこんな子がいるんだ、しかも関西人なんだ、かわいいなぁ、と強く印象に残りました。その後、彼女の歌唱力の高さと、ルックスと実力のわりにテレビに出ることが少なく、多くのファンに「干され」として認識されていることを知りました。
今年の選抜総選挙では、順位発表後のスピーチで大半のメンバーが湿っぽいことを語る中で、増田さんの言葉からは、AKBというシステムを一歩離れた場所から客観的に見ている印象を受けました。AKBとは別のところに目標を置いているところ、AKBに寄り添っていこうという意志がなさそうなところに好感を持ちました。

そんな増田さんの、スキャンダル発覚からの突然の脱退。こんなにあっさり決めてしまっていいものでしょうか。企業のCMや広告なんかの縛りはなかったのでしょうか。いろんなしがらみでがんじがらめの超選抜とは違って、今すぐ辞められても穴が空くのは劇場公演だけだからいいや、という判断なのでしょうか。
もうひとつ言えるのは、増田さんがそこまでAKBに執着していないっぽいこと。増田さんの魅力のひとつである歌唱力がAKBのシステムでは生かされにくく、それこそ今回のスキャンダルの原因となったミュージカルとか、そっちの方に活動の軸足を置きたいと考えたとしても無理はありません。悪いイメージを引きずったままAKBを続けるくらいなら、すっぱり辞めた方がましだという判断でしょうか。AKBへの執着が強くなかったことが、ずいぶん前に似たようなことをしたけれど辞めなかった秋元才加さんとの違いなのでしょう。

「増田有華はAKBのおかげで有名になったんだし、ミュージカルの仕事もAKBのメンバーだから取ることができた。だからこれはAKBに対する裏切り行為だ、許せない」なんて思う人もいるかもしれませんが、仮に増田さんがAKB関連の仕事でたいしたギャラをもらっていなかったとすれば、例えば時給換算で1000円以下の扱いだったとしたら、後ろ足で砂をかけるくらいの権利はあると思います。逆に高給取りだったとしたら金額相応の責任も生まれてくるのかもしれませんが、そのへんの事情はまったくわからないので特に言及はしません。

もっとも、増田さん本人が薄給であろうと高給であろうと、ファンにとってはほとんど関係のない話です。スキャンダルの発覚とAKB脱退という急展開は、ファンにとっては「裏切り」にしか映りません。個別握手会へ行くためにたくさんのお金を費やしてきた人にとっては「金と時間を返せ」というのが本音かもしれません。でも、これはもうアイドルという生身の人間を応援する際につきもののリスクだと割り切った方がいい気がします。何かあったら、悲しみつつも別のアイドルに乗り替えていけるくらいの柔軟性が必要です。裏切られることを極度に恐れる人、言い換えると「何でも自分の思い通りにならないと気が済まない人」は、アイドルの応援には向いていないと思います。

このような形でAKBを辞めてしまうと、増田さんの今後が心配です(「恋愛感情はない」なんて言い切ったりしてますけど、それはそれでどうなんだろう)。この手のスキャンダルが発覚してからも活躍できた女性アイドルって、広末涼子さんとかモーニング娘の矢口真里さん、古くは松田聖子さんや小泉今日子さんのように、過去に圧倒的な実績を残してきた人ばかり。AKBの中でもそれほど有名じゃない増田さんはこの先苦労しそうです。同じく男性問題をきっかけに脱退した米沢瑠美さんもそうですけど、今は目の前の仕事をがんばって、いつか大きな仕事をつかんでほしいと思います。

今回も週刊文春の記事が発端でした。少し前には佐藤亜美菜さんと近野莉菜さんの合コンの話が載っていましたし、SUPER☆GiRLSのメンバーに関する卑劣な記事も記憶に新しいところです。
AKBの有名どころだけでなく、このクラスのアイドルまで標的にされている今、アイドリング!!!のスキャンダルもいつ暴かれてもおかしくありません。売れっ子の菊地さんはすでに記者に追われていそうですが、彼女はそのへんの意識は人一倍高いので、おそらく大丈夫でしょう。でも、叩けばほこりが出てきそうなメンバーは何人かいます。僕としてはメンバーに対して「恋愛するな」とはまったく思っていませんが、メンバーのプライベートが週刊誌に見つからないこと、見つかったとしても公表されないことを願っています。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。