餃子の街

2012年11月13日(火) 18:07 | 日記


今日の現場は宇都宮でした。
宇都宮といえば、ベタですがこれは外せません。
取材先の近くにドン・キホーテがあって、その地下1階に餃子のフードコートがあったので、帰りに寄ることにしました。

ここには全部で5店舗の餃子専門店がありまして、そのうち1店舗は休みだったものの、それでも4店舗の餃子を選べるわけで、せっかくなので全店の焼き餃子を1人前ずつ食べました。
写真の左上が「ぎょうざの龍門」で、右上が「さつき」、左下が「宇都宮みんみん」、右下が「幸楽」の焼き餃子です。すべて1人前6個で、値段は240円から280円と、実に良心的です。

各店の餃子を食べてみた感想です。

・ぎょうざの龍門
肉の味がすごくジューシーで個性的。今日食べた中ではいちばん好きな味。

・さつき
スタンダードタイプの餃子。ニラを効かせているのが特徴です。

・宇都宮みんみん
具がごま油か何かで味付けされていて、餃子といっしょに別の中華料理を食べているかのようなぜいたくさを感じさせてくれました。

・幸楽
皮が厚く、肉の味も厚みがある。焼き餃子だけど水餃子のようなボリュームです。

「餃子の街」という看板に偽りはありませんでした。どの餃子も個性的なおいしさで、今後うちの近所にあるチェーン店で餃子を買うのをためらってしまうレベルでした。

写真の奥に見えるビールは「餃子浪漫」という地ビール。一般のビールよりくせのある、餃子の個性と張り合う濃さが僕の好みでした。

今日はとても有意義な出張でした。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。