鹿児島で三河弁を聞くとは思わなかった

2012年8月31日(金) 23:11 | 日記


さっき行ってきた焼肉屋さんで、隣のテーブルに若いカップルが座っていました。
僕はひとりだったので、カップルの会話が嫌でも耳に入ってくるわけですが、彼らが突然「三河弁」について話し始めたので、思わずぎょっと目を見開いてしまいました。
話しぶりは明らかにネイティブ。間違いなく僕と同じ種族です。
しかも、そのあとに刈谷駅前の焼肉屋さんがどうとか超ローカルな話をし始めたり。僕は刈谷のすぐ隣の街で生まれ育ったんだよって言いたくなる衝動を必死に抑えていました。
さらには「高浜」なんて地名も聞こえてきたり。そこ僕の地元だよ! もちろん、楽しそうに肉をつつく若いカップルに見知らぬおっさんがいきなり話しかけるような痛い真似はしませんでしたが。

それにしても、セントレアから飛行機で1時間かかる鹿児島まで来て、たまたま入った焼肉屋さんでピンポイントで同じ地元の人に出くわすとは。すごい偶然です。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。