どうも調子が悪い自宅のパソコン

2012年7月23日(月) 22:39 | 日記

こんばんは。11日ぶりのごぶさたです。
日記の更新が滞っていたのは別に忙しかったわけでもなく、体調を崩したわけでもなく、何か悲しいできごとがあったわけでもなく、ましてや「日記なんて書いてる時間がもったいない」なんて思えるほどラブラブな日々を過ごしているわけでもありません。無気力でものぐさな性格のために、ついつい放置してしまっただけです。
なにぶん一般個人が趣味でやっているウェブサイトなもので、少々の気まぐれはお目こぼしいただければ幸いです。
僕は元気です。いちおう生きてます。

さて、そんな僕にとって最近の悩みの種となっているのが、再び調子が悪くなったパソコンです。
6月頭にCPUグリスを塗り直して、オーバークロックの設定を変えてからおかしくなりました。
まれにですが、パソコンが突然フリーズするようになったのです。

パソコンの電源が突然落ちたり突然フリーズしたり、ブルースクリーンが発生したりする問題、いわゆる「Kernel-Power41問題」には年末年始にずいぶん悩まされて、最終的にはBIOSの「Intel SpeedStep Technology」を無効にすることで解決したのですが、ここに来て再びKP41の亡霊に悩まされることになりました。
6月の終わりには、アイドリング!!!の「ニコはちライブ」をリアルタイムで見ていた途中でフリーズ。大川藍ちゃんが大写しになったまま画面が止まってしまいました。1200円払ったのに、ひどい仕打ちです。

BIOSは年末にアップデートして以来替えていません。チップセット用ドライバーも2011年時点と同じです。変わったのはおそらくオーバークロックの倍率のみ。でも、Core i7 2600Kで4.2GHz(100MHz×42。定格は100MHz×34)くらいのオーバークロックでCPUが音を上げるとは思えません。
「Kernel-Power 41」というエラーメッセージは電源に関するものなので、「Auto」になっていたVCore電圧などを手動で少し高めに設定したり、オーバークロックの倍率を40倍とか39倍とかに下げてみたりしましたが、それでも週1回くらいの頻度でフリーズします。
動画サイトを見ているときに固まることが多いことを思い出し、Firefoxとの相性が悪いFlash Playerを旧バージョンに替えてみたりもしましたが、昨夜はFlashが起動していないのにフリーズしました。もう何が原因なのか見当もつきません。動画のエンコードでCPUに負荷をかけていたのが悪かったのでしょうか。でも、去年の今ごろは同じことをしても全く問題が発生しなかったわけで。うーん。

ネットを調べると、フリーズが発生する原因は多種多様で、グラボの故障とか、場合によってはキーボードやマウスが原因になることもあるそうで。そういえば僕も、過去にグラボの不具合が原因でパソコンがしょっちゅうフリーズしていました。そのときは、画面の一部に変な「線」が見えるなど目に見える異常があったのですが、今のところそういう症状はありません。グラボのドライバーもときどき新しくしていますけど、それが原因ということはあるんでしょうかね。

今もいつフリーズするかわからない恐怖を感じながらパソコンを動かしています。あとでBIOSとチップセットドライバーとSATAドライバーを新しくして、BIOSの設定をSpeedStep以外すべてデフォルトにして様子を見てみたいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。