アイドリングの収録を見に行きました

2012年4月27日(金) 20:14 | アイドル

仕事がそれほど忙しくない今がチャンスだということで、アイドリング!!!の番組収録の観覧へ行ってきました。

初めてのスタジオ観覧で、なおかつファン様クラブに加入したばかりということで、予想どおりすんなり当選しました。
フジテレビへ行くのは去年の年末の、谷澤さんとフォンチーさんの卒業ライブ以来。あのときはファン様クラブではなく一般応募だったのでスタジオ観覧は落選してしまい、フジテレビ1階のモニターで見ることになりましたが、今回は念願の生観覧です。

CS放送2本分を観覧しました。内容は書けませんが、めちゃめちゃおもしろくて、笑いすぎて肺の右上あたりが痛くなりました。あんなに笑ったのは何か月ぶりかってくらい。おおげさではなく本当に。やっぱり音楽といっしょで、テレビで見るよりライブの方が盛り上がれますね。

内容と直接関係ないことをいくつか書くと、まず5期生が先輩たちとなじんでいたのが印象的でした。カメラが回ってないときに胡桃ちゃんと大川さんがからんでたり、石田さんもひぃちゃんや橘さんのそばでリラックスした笑顔を見せていました。
ちょっと前まで、ある場所で何日間か泊まり込みで撮影をしていたので、そのときに仲良くなったんでしょうね。よかったです。

それと、生で見てあらためて、アイドリングのバラエティ適応力の高さに驚かされました。アイドリングのCS放送は原則として編集をしない「撮って出し」です。途中で進行がぐだぐだになっても、そのまま放送されます。だからメンバーはいつも生放送のような緊張感を強いられているわけです。それなのにあのクオリティの高さ。限られた時間内にそれぞれのメンバーが個性を押し出し、笑いの要素をがんがんぶっこんでくるところを間近で見て、貫禄すら感じました。みんな成長したねぇ。
今週火曜日に放送された私服ネタは確かに微妙でしたけど、今日僕が見た2本は当たり回といっていいと思います。4月30日以降のオンエアをぜひ期待してください。

そして忘れてはいけない、アイドリングの笑いを支えるMCバカリズム升野さんの存在。今日の2本めの収録では升野さんがきわめて重要な役割を演じていたのですが、「どこで押して、どこで引くか」という感覚が絶妙で、僕の笑いのつぼにぴったりはまりました。やっぱりバカリズムはおもしろい。

今日はとても幸せな一日でした。
アイドリングはみんないい子でした。今まで応援してきてよかったと心から思いました。
機会があれば、またいつか収録を見に行きたいです。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。