やっぱりニコは速かった

2012年4月15日(日) 13:52 | スポーツ

ニコ・ロズベルグ
開幕戦オーストラリアGPの予選の前日に、この日記で今年のF1の予想をして、その中で「ニコ・ロズベルグは何度かポールポジションを取る」と書きました(2012年のF1の予想をしてみる)。
さっそく予想が的中しました。上の画像は、Q3の前半で圧倒的な最速ラップを出して、セッション途中で自信満々にピットレーンをのし歩くロズベルグの表情です。
すべてのセクターでどのドライバーより速かったので、上海以外のサーキットでも、特にティルケが設計したサーキットでは予選で速さを見せてくれそうです。

予想ではもうひとつ、「メルセデスGPは予選が速くても、去年と同じく10周くらいでトップ集団から置いていかれる」とも書きました。これも過去2戦を見ると見事に的中しています。ただ、今日の上海はそこまで気温も路面温度も上がらないと思うし、フリー走行や予選を見る限りではそこまでタイヤの摩耗はきつくなさそうなので、フロントローのメルセデス2台に、その真後ろのグリッドからスタートする小林可夢偉が追いつくのは簡単ではないと思います。後ろにはマクラーレンの2台もいるので、決勝ではわりと早い段階でマクラーレンが前に出て、5位あたりをウェバーやライコネンと争うことになると思います。
第3戦中国GPはバトン優勝、表彰台の残りふたつの席をロズベルグとハミルトンが分け合い、そこから少し離れてミハエルが4位、その後ろで激しい5位争いという結末を予想します。

これから外出するので、レースをリアルタイムで見られないのが残念です。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。