ラジオアイドリングの感想と今日の「事件」について

2012年2月25日(土) 22:59 | アイドル

ラジオアイドリングの遠藤さんと酒井さん、期待どおりのぶっ飛びっぷりでしたね。ファン様生電話でのやりたい放題の数々は、アイドリング以外のどんなアイドルにも許されないふたりだけの桃源郷です。
などと言いつつ、生放送中はものすごく眠かったので半分寝ながら見ていて、一部内容が飛んでしまっていますが。
でも最後の「セクシー朗読」だけは目を見開いて、耳をかっぽじって番組に集中しました。テンションが高すぎて超おもしろかったのですが、前回よりセクシー成分が不足していたのがちょっと残念でした。
その前の朝日さんと大川さんも、若さ全開のゴールがないトークに笑わせてもらいました。朝日さん、以前と比べるとずいぶん場の進行がうまくなりましたね。
最初の外岡さんと菊地さん、やはり安定していました。あみみの「生放送で言っていいこととまずいことの境界線上を渡りきる曲芸」はもはや貫禄すら感じさせました。

さて、先ほどの日記では名前を伏せましたが、尾島さんの件について。
生電話のとき、尾島さんの対応はいかにも「あ、やべぇ」って感じでした。自分がどこにいるかをしゃべった直後に生放送中だということを聞かされて、しばらく沈黙がありました。そのときは単純に「芸能人が今いる場所を生放送でしゃべってしまったことへの後悔」だと思ったんですけど。
あれはスタッフがよくなかったと思う。「何時ごろに朝日さんと大川さんから電話があるかもしれない」って、メンバー全員に事前に伝えておけばよかったのに。「リアル」を求めすぎたために、面倒なことになってしまいました。アイドリングはよく訓練されたアイドルですから、たとえやらせでもちゃんと結果を出してくれると思いますよ。

ネットで書かれていることの真相はわからないし、これからも明かされることはないでしょうけど、こんなことで辞めることだけはしてほしくないと思います。
尾島さんは、極度の人見知りで内向的な僕とはまるっきり逆で、とても明るくて社交的で、自分と関わりのある人たちを大切にする、心からうらやましいと思える人柄の持ち主です。だから普段も一般人と同じようにふるまい、いっしょにいる人に変な気をつかわせないようにしてしまうんだと思います。
そういう人柄が好きだし、この前の握手会のときもいい笑顔を見せてくれたので、僕としては今までどおりアイドリング!!!26号としてがんばってほしいし、応援を続けたいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。