布谷文夫さんのことはあまり知らなかったのですが

2012年1月21日(土) 11:12 | フォーク


外で音楽を聴くときは、その日の気分でアルバムを選ぶわけですが、今朝はなんとなくカルメン・マキ&OZの歌が聴きたくなり、かなりひさしぶりに「日本ロックの逆襲」というコンピ盤にしました。
70年代のロックを集めたアルバムで、マキオズ以外には遠藤賢司さんやPYGの曲も入っています。

その中に「台風13号」という曲があります。
ロックな曲調とダミ声に聞き覚えがなく、誰だっけと思ってウォークマンを取り出してみたら、布谷文夫という人でした。
そっか、これが布谷さんなんだ。

URCレコードの復刻版を買いまくっていた時期があって、フォーク関連の書籍もいろいろ読んでいたので、布谷さんの存在や「Dew」というバンドの名前は知っていました。
確か1998年頃に、東芝EMIからDewのライブ盤が復刻されて、金山のサウンドベイで売っていたのですが、当時21歳だった僕にそこまで手を出す余裕はありませんでした。今では中古のCDが定価以上の値段で取引されているみたいです。

布谷さんが今でも活動しているか気になり、ネットで調べました。
そこで初めて、今年1月15日に布谷さんが亡くなっていたことを知りました。

1970年前後にデビューした人たちは、1950年頃に生まれているので、ほとんどみんな60歳を超えています。マキさんもエンケンさんもそうです。
時の流れには逆らえません。
今年は、なるべくいろんなライブを見に行こうと思いました。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。