またフリーズしたので、試しにグラボを替えてみた

2011年12月28日(水) 02:49 | 日記

あいかわらず調子が悪い僕のパソコン。今年の春に20万円近くつぎ込んで組み立てたのに、わずか半年そこそこでクラッシュ。今までに経験したことがないようなトラブルに見舞われて、どうしていいかわからない状態です。

ちなみに、なぜ長時間パソコンの電源を入れっぱなしにする必要があるかというと、テレビの録画という理由もあるのですが、もうひとつ「動画のエンコード(変換)」をしたいという理由のためです。
最近CATVのチューナーに録画した「F1総集編」という番組は5時間もあって、PV4というハードウェアで動画データをパソコンに取り込んだところ、データ容量が230GBにもなりました。このままでは使えないので、動画のファイル形式を変換して、ファイルサイズを小さくする必要があります。この作業がエンコードです。
具体的には「x264」というソフトウェアを使って「H.264」という形式に変換するわけですが、ハイビジョン画質(1440×810ピクセル)で、平均ビットレートを指定した2パスエンコードという方法だと、うちのパソコンの環境(Core i7 2600Kをオーバークロックで100%稼働)だと10時間近くかかってしまいます。10時間パソコンをつけっぱなしにして、CPUを全力で回せば、230GBの汎用性がない動画データが約9GBに縮むうえ、たいていのパソコンで再生できるファイル形式になります。

それで、今朝家を出る前にエンコードをスタートさせたのですが、家に帰ってモニターをつけてみたら、パソコンがスクリーンセーバーの画面のまま止まっていました。
スクリーンセーバーには現在時刻を文字として表示させるようにしているのですが、その時刻は9時30分台。僕が家を出て1時間半ほどでストップしてしまいました。もちろん「F1総集編」のエンコードは終わっているはずがありません。
パソコンを起動させたのは午前3時すぎなので、6時間ちょっとしか耐えられないのが現状のようです。

とにかく、どうにかして原因を突き止めるしかありません。
今日パソコンを立ち上げて気になったことがありました。起動の最中、画面の左上の一部が黒く欠けたようになっていたのです。起動が終わるころには正常な画面に戻り、普通に操作できるのですが、これまで見たことのない現象であることは変わりありません。そういえば、今日のフリーズ画面にも変な「汚れ」みたいなものがついていたし。もしかしたら、グラフィック関連のパーツに異常があるのかもしれません。
そこで、試しにグラフィックボードを交換してみることにしました。
グラフィックボード
こちらの写真が現在使っている、「Radeon HD 6850」を搭載したサファイア社製のグラボです。
これを、以前使っていたパソコンのRadeon HD 4800シリーズのグラボに交換しました。前のパソコンのパーツを売らずに取っておいて本当によかったです。
これで問題なく動けば、原因はグラボということになります。しかし、もし本当に買って半年のグラボが壊れてたとしたら、よっぽど運が悪い人なんですね僕は。

明日の朝、もう一度「F1総集編」のエンコードを仕掛けて、果たしてどうなるか。もしだめだったら、次は電源の交換にチャレンジします。グラボの交換は簡単ですけど、電源は超めんどくさいんですよね。できることならやりたくないです。頼むから直ってほしい。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。