アイドル検定

2011年11月 2日(水) 01:14 | 日記

ゲーセンにある「クイズマジックアカデミー」(QMA)というオンラインクイズゲームで、ひさしぶりに「アイドル検定」という検定モードが登場したので、先週のある日、ひとりでにやにやしながら遊んでいました。
アイドルに関するクイズだけを、100円で30問遊べるこのモード。がんばってスコアと全国順位を少しでも上げようと、ついつい13回もプレイしてしまいました。

このモードは3年前の8月にもプレイして、そのときの日記は消してしまいましたが、4259点、18289人中111位というハイスコアをたたき出すことができました。
この日も、全国200位以内に入ることを目標にがんばってみました。

今回のアイドル検定、延べ390問をプレイした印象。
全体的な配分として、男性アイドルの問題が10~15%程度。当然ながら、そのほとんどがジャニーズ関連で、たのきんトリオの昔から、NEWSの誰それが脱退したという新しい話題まで網羅しています。
女性アイドルの問題では、AKB48関連の問題が多いのは当然としても、その他の新しいアイドルの問題もたくさん出ていました。3年前には東京女子流もSUPER☆GiRLSも9nineもぱすぽ☆もスマイレージもJK21もいなかったし、ももいろクローバーも無名でした。だから新しいアイドルの問題といえばAKBかハロプロかPerfumeか、たまにアイドリング!!!かという感じだったのですが、2011年のアイドル検定はありとあらゆるアイドルの問題が出て、とても楽しいです。もちろん僕はアイドリング!!!関連の問題ならすべて即答です。
ただ、スパガのメンバーがPVでどんなコスプレをしていたかなんていう問題は、いくらなんでもマニアックすぎると思いました。スパガ関連の問題が多いように感じたのは、問題制作スタッフにファンでもいるからでしょうか。
このほか、70~90年代の問題もたくさん出題されましたが、僕の得意な90年代の問題は今回も少なめでした。乙女塾とか東京パフォーマンスドールとか、そういうのを求めているのは僕だけではないはずです。ハロプロのユニットとかあまりに多すぎて、誰がいたかなんてわからないですから。

そんなアイドル検定の成績はこちら。
2回め
2回めのプレイで3066点。QMAのヘビープレイヤーなら、2回めの挑戦でこの点数を出したのは、かなりすごいことだと思っていただけるはずです。通常、2回めまでは簡単だけど点数の低い問題が出る割合が高く、これらの問題をすべて正解したうえで、たまに出る高得点だけどマニアックな問題をきっちり答えないと、3000点は超えません。
3回め
3回めのプレイでは高得点の問題の割合がぐっと増えるので、3624点という高い得点を出すことができました。全国順位も5370人中355位です。
5回め
5回めにはさらに得点を伸ばすことに成功し、順位も278位。目標の200位以内まであと一歩です。
ところが、6回め以降は難易度を増す問題に苦戦し、なかなかスコアを伸ばせずにいました。こんな点数のまま帰るなんて、周囲の人にアイドルマニアだと思われている自分としては納得いきません。
ラスト
ようやく4000点を超えたのは、この日の夜10時50分。次の日も仕事なのにいい大人が何をやってるのかという感じですが、13回粘ってようやく4312点、全国175位までこぎ着けました。

それにしても、3年前は4259点を取って18289人中111位だったのが、今回の方が高得点なのに順位は下。プレイヤー数も前の3分の1以下なのに。
それだけアイドルマニアなプレイヤーが増えたということなのか、あるいは単にインターネットとかSNSとかで出回っている問題晒しサイトを利用して、正解を見ながらプレイしている人が3年前より増えたからなのでしょうか。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。