たった一日でプラスになった銀CFD

2011年9月28日(水) 01:31 | 日記

銀先物価格の暴落で、きのうの日記でさんざん泣き言をほざいた僕ですが、今日の夕方に一時33ドル台に戻り、あきらめかけていた銀CFDのロングが数千円の含み益を出すまでに回復して、ほっと胸をなで下ろしているところです。
たった一日で25%近い爆上げ。「女心と秋の空と銀先物価格」とはよく言ったものです。
昨夜の時点では30ドルに戻ることすら厳しいのではないか、どこまで証拠金を積めばいいのやらとびくびくしていたのですが、ひとまず安心です。
ただ、現時点では32ドルを切っており、含み損が再び10万円を超えてしまいました。やっぱり不安です。

もし1か月以内に銀がまた40ドルを超えて、そのタイミングでCFDを決済できたら、ここでつるピカハゲ丸よろしく「もうけたぜー」と叫びたいと思います。某雑誌の締め切りに間に合ったら、そこでも小さな声で「利益を確定させました」とささやきたいと思います。
でもそれくらい利益を出さないと、今や虫の息のドルとポンドとトルコリラのロング、長いこと塩漬けになっている国内外のETF、そしてFX以上に悲惨なことになっている、証券会社の口座に置きっぱなしのドルと香港ドルが救われません。
銀先物の神様、どうか、もう一度夢を見させてください。ていうか銀先物の神様ってどんなんだ。宇宙刑事ギャバンみたいなやつかな。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。