忘れたころに戻ってきたあいつ

2011年8月12日(金) 18:39 | 日記


突然いなくなったあいつと、ここ愛知県の片田舎で運命的な再会。
なくしたはずのイヤホンのゴムが、ひょっこり僕の前に現れたのです。

駅のホームにあいつを落としたのはおとといの水曜日。両方のイヤホンから同時にゴムが外れて、そのうち片方しか見つからなかったと日記に書きましたが、実はあいつを駅のホームに落とす前から、すでにもう片方のあいつは行方をくらませていたのです。
水曜深夜の時点でその可能性も疑っていて、自宅の床やテーブルにあいつが落ちてないか探したのですが見つからず、やはりあのときいっしょに落としてしまったのだと思い、あいつのことはあきらめていました。

そんなあいつが、なぜ愛知県で見つかったのでしょうか。
今日持っているかばんは、日曜日にゲリラ豪雨に打たれたあの日と同じ。家に帰って、ウォークマンをかばんから出したときにゴムが外れて、ゴムだけがかばんの中に残された。そしてゴムが片方ないことに気づかないまま、仕事用のかばんにウォークマンを入れたというわけです。

「なくしたと思ったものとかの地で再会する」ということが、何かを暗示しているような気がしなくもなくもありません。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。