中央線の車内から

2011年7月20日(水) 00:35 | 日記

3年ほど前に「高田渡生誕会59」というコンサートで友部正人さんのバックで演奏するのを見て以来、パスカルズというバンドを推しています。あのふわふわした感じが心地いいんですよね。
そんなパスカルズが出るライブに、会社の人が行くことになって(僕はライブのことを忘れてて、気づいたらチケットは売り切れていました)、「予習」ということでうちにある音源を貸しました。そしたら、会社の人のお友達がすごく気に入ってくれて、パスカルズのファンになったそうで。
自分が好きなミュージシャンを、しかもあまり知られていない人たちを、別の人が気に入ってくれると、僕までうれしくなります。

嫌なことがあったあとは、YouTubeでM-1のチュートリアルの漫才を見ました。もやもやしていた心が、少しだけ晴れました。

音楽と笑いは、僕みたいな欠陥だらけの人をも幸せにしてくれます。僕も、周りの人に笑いを届けられるようなおもしろい人になりたいと思います。でも最近は、受けをねらった発言がすべってばかりなのですが…。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。