武蔵野プレイス

2011年7月18日(月) 18:36 | 日記


武蔵境駅前に先週できたばかりの施設です。
主な機能は図書館で、西部図書館の本がこちらに移転されました。本の数は中央図書館にはおよびませんが、22時まで空いているのは市内では武蔵野プレイスだけ。1階にはカフェがあったりして、とてもいい雰囲気です。
境南町4・5丁目あたりの西部図書館ユーザーにとっては閉館はつらかったでしょうが、自分にとっては、最寄り駅の目の前にこういう施設ができたのはとてもありがたいです。図書館ってだいたい、武蔵野市内のほかのところにしても、隣の三鷹市にしても、駅から離れているところがほとんどですから。吉祥寺も駅からちょっと離れてるし。

こういう施設に市民の大切な税金を使うとはいかがなものか、という市民の声もあったようですが、もう完成して営業も始まったわけですから、いかにこの施設を市民のために役立てていくかを考えて、税金の無駄づかいにならないように注視していけばいいと思います。
「税金を住民サービスに使うこと自体が嫌」という竹中平蔵ばりの新自由主義者は、裕福な人が多い武蔵野市では少数派だと思うので、そういうノイズは無視してかまわないし、いわゆるハコモノも使い方さえ間違えなければ問題ないと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。