ハイスペック

2011年5月 8日(日) 23:59 | 日記

きのうの日記で書いた「致命的なエラー」とは、Windows 7をSP1にアップグレードしていた最中に出たものです。
ネットで調べてみると、「言語パック」をインストールしていたのが原因らしく、すべてアンインストールすれば正常にアップグレードできるとのことだったので、さっそく試してみたのですが無理でした。マイクロソフトのサイトに書かれていたほかの方法も試したのですが、何度やってもインストールが途中で止まってしまいました。

仕方がないのであきらめて、Windowsを最初からクリーンインストールすることにしました。この時点で日曜の午前8時台。マイクロソフトの欠陥OSのせいで徹夜です。
まっさらな状態からのセットアップはけっこうたいへんです。ただWindowsを入れるだけではまともに動いてくれません。まず、最適な解像度で表示させるためにグラフィックボードのドライバーを入れます。それからマザーボード関連のドライバーを入れて、ここでようやくインターネットとつながります。さらに、今回初めて導入したサウンドカードのドライバーをインストール。これでスピーカーから音が出るようになります。
ソフトウェアを入れるのはそのあとです。とりあえずウイルス対策用のソフトと、ATOKだけインストールしました。まだFirefoxもThunderbirdも入れてません。現行のパソコンと同じ環境にするには、膨大な時間がかかりそうです。なんとか今度の日曜までには終わらせたいものです。

パフォーマンスの評価
写真は「パフォーマンスの評価」を計測した結果です。7.9点満点で7.7点と、いい部品をそろえただけあってかなりのハイスコアをたたき出しました。
新しいパソコンのスペックは、OSがWindows 7 Ultimateの64ビットで、CPUはインテルのCore i7 2600K。メモリーは8GB積んでいます。マザーボードはASUSのP8P67 Deluxeで、グラフィックボードはSAPPHIRE製のRADEON HD 6850。これに1万円ちょっとで買ったサウンドカードを搭載しています。近々、これにPV4(ハイビジョンキャプチャーボード)とPT2(地上波・BSチューナー)を追加する予定。ハードウェアの競合が心配ですが、うまく動いてくれるでしょうか。

今回はシステムディスクをハードディスクではなくSSDにしました。SSDというのは、要はUSBメモリーを大きくしたような記憶装置のことです。アクセスが速いのはありがたいのですが、音がしないことに違和感があります。ドライバーをアップデートしてるときなんか、データを読み込んでいるのかフリーズしているのか判断できません。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。