帰宅

2011年3月12日(土) 04:09 | 日記

無事に帰宅できました。

荻窪駅南口から自宅まで歩いて、ちょうど1時間40分かかりました。
歩いてきた道のりを地図でざっと測ってみたら、8キロ強でした。こんなに歩いたのはひさしぶりでしたが、それほど疲れなかったし、足もあまり痛くなりませんでした。寒さはあまり厳しくなかったのですが、さすがにひとりで長い時間歩くとさびしくなりました。それでも、たびたび通りがかる空車のタクシーをやり過ごして、意地で歩き通しました。
杉並区内の井の頭通りは、これまで車かバイクでしか走ったことがなく、何度も通ったはずの道も、初めて歩いたら見える風景が全然違いました。「あれ、こんな景色あったっけ? もしかして道を間違えた?」と何度も不安にかられました。
家が近づいてくると、今度は「部屋の中は大丈夫なのか?」という不安が高まってきます。AV機器やパソコンの周辺機器が落ちたり倒れたりして、壊れたりしていないかが心配で、部屋に入るのが怖かったのですが、テレビもチューナーもハードディスクも無傷で、逆の意味でびっくりしました。

今も微妙に余震が繰り返されています。
これ以上地震が起きないように、これ以上被害が広がらないように、祈ることしかできません。

コメント

お疲れ様でした。私は早稲田まで歩き、東西線で馬場まで行き、西武線で鷺ノ宮まで行き、歩いて帰ろうとしたら、タクシー拾えたので、それで帰りました。地元に着いたのが2時過ぎで、川越街道は大渋滞でした。

お疲れさまでした。
大江戸線はあの後もひと駅ごとに10分以上停車しながら、新宿まで1時間以上かかりました。最初は中野坂上まで行こうと思っていましたが、丸ノ内線が動いたので、新宿で乗り換えて荻窪まで行けました。
東西線も西武新宿線も動いたんですね。もちろん、どの電車もたいへんなことになっていたかと思いますが…。
無事でなによりでした。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。