REITの分配金

2010年12月16日(木) 00:32 | 日記

分配金
REITそのものはちょっと前に売却してしまいましたが、権利日にはしっかり保有していましたので分配金がもらえます。
このお金で、週末においしいビールでも飲もうと思います。
ところでJ-REITはETFと違って、総天然色の立派な運用報告書がついてきました。日をあらためてじっくり読んでみたいと思います。

しかし、このところのJ-REITの値上がりはパネェっすね。僕が持っていた「積水ハウス・SI投資法人」は32万円で売ったのですが、そこからまたじわじわ上がり始めて、今日の終値はなんと35万8千円。もう少し持っていればよかったと思わなくもないですが、それでも9万円近く利益が出たのでノー文句です。
値上がりの背景は、日銀がETFやJ-REITなど有価証券の買い取りを決めたことです。ここまで市場が露骨に反応するだなんてお下品ですこと。まあ銀行が保有する現金を増やしたところで、融資先がなければお金が回らないので景気に対する効果は小さいでしょうし、経団連のポチと化した無能な政府が法人税率を5%引き下げるという愚策に出たことで大企業の内部留保がさらに増えれば、ますます銀行融資の出る幕がなくなるわけで。でもそうすれば余ったお金が株式や債券や不動産市場にあふれてきて、さらに価格が押し上がるという、政府と日銀のコラボによるマッチポンプが成立しそうです。これからは時価会計の時代ですから、株価や地価が下がったままだとみんな困ってしまいますからね。
中央銀行の政策としてはかなりの荒技ですが、日経平均やJ-REITの値動きを見る限り、今のところは効果てきめんのようです。今後の課題は、このプチバブルをうまく収束できるかどうかですね。

投資というのはたぶん、こういう大きな流れにいかにうまく乗れるかが勝つためのポイントなのでしょう。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。