拒絶

2010年10月 6日(水) 22:45 | 日記

きのう「余裕が出てきた」などと書いたそばから仕事で問題が発生しました。100%自分に原因があるわけではないにしろ、自分が担当する案件で売り上げが減ってしまうのは嫌なものです。あー、思い出したら腹が立ってきた。

2010年になってから、仕事でもプライベートでも、何をやっても悪いことばかり起きます。もっとも、そのうちの半分は自分の行動が原因です。たとえば少し前にバイクに乗って交通違反で罰金を取られたとか、仕事では僕の監督が行き届かなかったばかりに、担当する制作物をしょぼい内容にしてしまったり、クライアントに対して失礼なことをしたりと、実になさけないことです。
でも、残り半分の嫌なことは、僕の力がおよばないところで起きています。自宅ではパソコンの部品が壊れたり、チューナーの不具合でビデオの録画に失敗したり。仕事でも、こちらが予想しえなかったトラブルに悩まされることばかり。今日の事故もどちらかといえば後者です。
これが世の中の意志と考えるなら、僕はこの世界に存在を拒絶されているということでしょうか。へこむなぁ。もっとも、運が悪いのは日頃の行動に問題があるからで、その積み重ねが目に見える形で現れているだけのことなんでしょう。

きのう借りたCDをウォークマンで聴いています。「Module 02」というエレクトロニカのオムニバス。これがなかなか良いです。
好きな音楽とか笑える話題とか、本当はそういうことだけここに書きたいのですが、話し相手が誰もいない生活を長く続けていると、ついつい自分に甘えてしまい、思いを打ち明けたくなります。
きっとこういう自分勝手なところが、僕が世の中から拒絶される原因のひとつなんでしょうね。
それでもめげることなく、人を裏切ったり傷つけたりしないよう、これからも真面目に生きていこうと思います。自分のことなんて誰も見ていないようで、実は意外と見られてるかもしれないので。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。