落書きその2

2010年10月 4日(月) 21:16 | 日記

今日は落書きによく出くわす日です。
場所が特定されるといけないので写真は撮りませんでしたが、日本共産党のある市議のポスターに、

「密通 北朝鮮」

と、黒いペンで落書きされているのを見ました。
民家の塀に貼られたポスターなので、落書きされてからあまり時間が経っていないものと思われます。
さっきの民主党の国会議員の落書きとは離れた場所にあるので、同一人物の犯行とは考えにくいでしょう。

しかし謎です。
この市議に個人的な恨みがあっての犯行なら、もっとストレートな侮辱の言葉を選ぶでしょう。少なくとも「北朝鮮」なんて単語をチョイスすることはまずあり得ません。
それとも、この市議が本当に北朝鮮のスパイか何かで、決定的な証拠をつかんだから、ポスターの落書きを通じてそのことを広く市民に知らせたかったということでしょうか。でも、もしそうだったら落書きみたいな違法行為をしないで、とっとと警察にでも通報すればいいですよね。

誰が何のためにこんな落書きをしたのでしょうか。気晴らしのためでしょうか。こんなことで気分が晴れるような気分ってどんな気分なんでしょうか。このところ精神的にぐったりしている僕にも、こんな低俗な落書きをしたくなる気持ちはまるっきり分かりません。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。