近況

2010年10月 4日(月) 01:12 | 日記

こんばんは。日曜なのにプライベートではない理由で終電で帰宅中のフォーキーです。

本当なら金曜の深夜に終わらせたかった原稿の仕事が、気力の限界によりほとんど進めることができず、不本意ながら土曜にどうにかしようと思ったところ、気力の弱り具合が予想以上でとても会社へ行く気になれず、昼起きて洗濯してまた昼寝して夜起きて閉店間際のスーパーへ行って、なぜか部屋の片付けをしてからお酒を飲んで寝るというだらだらした休日を過ごすことになりました。
日曜は早起きしようと思いましたが、やはり心が疲れたままで、どうにか昼3時すぎに会社に着くもののなかなか原稿に集中できず、夜12時を過ぎても7割しか終わらず、最後の手段として残りの3割を自宅で書くことになってしまいました。朝6時半までに終わらなければゲームオーバー。もう後がありません。まあでもなんとかなるでしょう。これまでそうしてきたように。

最近は感情をコントロールできないほどに心が疲れていて、このままの生活が続くとかなりまずいことになりそうな感じです。今年は夏休みを全く取れなかったので、10月最終週から文化の日まで7営業日ほど休もうと思っています。
先日、そのことをあるクライアントに伝えました。毎月レギュラーで担当している仕事について、次回は自分の上司が担当するかもしれませんと言ったところ、「それは困る」と反対されました。「○○さんの原稿は本当によく書けている。担当者が変わる状況はできれば避けてほしい」とのこと。自分の能力を高く評価していただくのはとてもありがたいのですが、会社として仕事を受けておきながら、僕個人だけが評価されるのはどうなのかなぁと思い、複雑な気分になりました。誰かひとりが一時的に欠けても、それをおたがいに補い合うのが会社という組織のあり方だと思うのですが、それを実現できない自分の力のなさが本当に嫌になります。かといって、個人の実力に頼ってフリーでやっていくほどの自信はありません。
今日の原稿の仕事も同じような理由で、どんなに忙しいときでも自分ひとりで引き受けています。これを誰か別の人に任せられるようになればいいのですが、そこで人望のなさという壁が立ちはだかり、なかなか先に進めないでいます。

明日もあさっても重い仕事があります。当分僕の気持ちが休まることはありません。これも「アイドリングのCS放送をハイビジョンで見られる程度の生活レベルを維持するため」の代償として、じっと耐えるしかないのでしょうか。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。