僕らにとっても決して無関係じゃない

2010年9月 7日(火) 01:00 | 日記

くらコーポレーションという会社の名前と、くら寿司という店の名前は、ゼンショーとともに僕の頭の中に深く刻まれました。
田中邦彦という経営者とその一味に対しては、どんな侮蔑の言葉も生ぬるい。僕の稚拙な表現力では、この会社と経営者を適切に表現する言葉が思いつきません。頭に浮かぶのは、あまりに上品すぎてここには書けないような汚い言葉だけです。

僕たち労働者にとって、人を人と扱わない会社の存在を許すことは、巡り巡って自分の首を絞めることになります。決して対岸の火事ではありません。僕らの幸せのために、くらコーポレーションのようなゴミクズは全力で糾弾すべきです。

「内定辞退のウラに何があったのか」(毎日放送 VOICE)

 飲食店で長くアルバイトをした経験を持つ山田さんは、ファミリー向けの回転寿司に魅力を感じ、大手外食チェーン「くらコーポレーション」の内定を手にした。
 そんな山田さんをはじめ内定者たちが研修施設に集められた。
 4月1日の入社式まで残り1週間、2泊3日の入社前合宿では学生気分を抜くためにと案内状に「ある課題」が出されていた。
 「くら社員三誓暗唱、35秒以内で暗唱出来ていない場合は帰宅してもらいます。(略)合宿中の課題を合格出来ない場合は入社する意思がないものと判断し帰宅してもらいます」(案内状)

 当日は40秒以内で暗唱できれば合格とされたというが、それでも落第する人が相次いだと参加者は語る。
 そして、講師役の社員は不合格者に「早く家へ帰れ」と促したという。
 入社の準備までしていたのに、案内状通り「入社する意思がない」と見なされたのか。
 合宿に参加した鈴木さん(22歳・仮名)は、そもそも案内状の文章に違和感を感じていた。
 <鈴木さん(仮名)>
 「(案内状を)みた瞬間、これはおかしいなと疑問を感じました。試験を合格した上での内定が出たと思うんですけど、その後にさらに試験がある。ちょっと異常だな、おかしいなと思った」

 <山田さん(仮名)>
 「やめさせようという方向にしかもっていってないとなったので、僕は『いいです』と言った。僕の『いいです』の発言に対して『お前の発言はなんなんだよ』と発言があって、ひたすら怒り続けたので、僕はこの怒りをとりあえず収めないとダメだと思って土下座をして謝ったんです」

 合宿2日目の夜、会議室に呼び出された。
 人事担当者は「君は現場で働けない」と言い放ったという。
 そして・・・
 <山田さん(仮名)>
 「白い紙とペンを出してきて『本当にいいのか』みたいな確認もなくて、『今から言う言葉を一言一句間違いなくしっかり書きなさい』と言われたんですよ。ふつうにスラスラと言う中で損害賠償請求しませんという言葉が出てきましたね」
 山田さんは内定辞退届を書くよう求められ、最後に、損害賠償は一切しないという一文を書かされたと証言する。
 もう一人、鈴木さんも2日目の夜の出来事をこう語る。
 <鈴木さん(仮名)>
 「ゆっくりと白い紙とペンを渡されて、そのとき僕も頭が真っ白だったんですけど、のぞきこんで指でこう、紙をなぞるように『こう書いて』と一字一句指示されました。精神的に追い詰めるような言葉の雰囲気というか、言葉の重さだったので」
 後に、鈴木さんが通っていた大学が「くら」側から入手した鈴木さんの内定辞退届。
 文字は乱れ、漢字も書き損じている。
 「貴社に対して何らの権利や請求権を持っていないことを確認致します」(「くら」側から入手した内定辞退届)
 最後の文章は山田さんの証言とも一致する。
 その後、鈴木さんの両親が直接抗議したのに対し、「くら」側は「自発的に書いたもの」と反論したという。

 <関西大学キャリアセンター 吉原健ニ事務局長>
 「これは、昨今問題になっている新卒切りに等しい、まさしく内定取り消しと同等のものだと判断したということです」
 そもそも就職内定は、正式な通知が届いた段階で法律上の雇用契約の成立を意味する。
 内定取り消しは、一方的な契約の解除にあたるのだ。
 大学側はさっそく「くら」に抗議した。
 これに対して大学に説明に訪れた人事担当者は「内定辞退は20人を超えるが、内定辞退届を書いたのはあくまで本人であり、辞退は自発的なもの」と主張したという。
 <関西大学キャリアセンター 吉原健ニ事務局長>
 「本人たちの自署による入社辞退願いが出ている。それを伝家の宝刀のように企業側の論理をふりかざしている。入社前、数日まえに20名を超える方が辞退をする会社の研修をやっているということを(人事担当者は)胸をはっておっしゃる。もう辞めないといけないという気持ちにもっていくような入社前の研修って一体何なんでしょう」
 鈴木さんや山田さんだけではない。
 VOICEの取材で他にも、中四国地方の私立大学は「一連の行為は大変悪質で内定取り消しと同等だ」とコメント。
 さらに別の私立大学も「辞退届を無理やり書かされたと聞いている。実質的な内定取り消しであると考えている」とコメントしている。
 少なくとも4つの大学の卒業者から同じような報告があがっていることがわかった。
 内定辞退届は本当に自発的に書かれたものといえるのか。
 自発的に書かれたとしても、入社1週間前にほぼ同じ内容で書くということは考えにくい。
 「くら」に取材を申し込むとこんな回答が返ってきた。
 「労働局から、これは内定取り消しや辞退の強要ではないと評価をいただいたんです。取材はお断りします」(「くら」からの回答)

 そしてその後、「くら」側から正式な回答が届いた。
 「当社として内定辞退を強要したという事実などは一切なく、ご本人の意志により辞退されることになったものです」(「くら」側の回答)

 山田さんは、給与の補償と精神的な慰謝料を求めて裁判に踏み切った。
 しかし、おとといの初弁論で「くら」側は、事実関係を調査中として書面も出さなかった。
 内定辞退に至った真実は、今後の裁判で明らかにされるのだろうか。

上記のニュースに関連する情報です。

情報提供:くら寿司の内定辞退強要について

この国は労働法規の違反にめちゃめちゃ甘いんですよね。このところ大きな工場でストライキが相次ぐ、海の向こうの発展途上国の方がましなんじゃないかと思うくらい。
こういうのは窃盗や詐欺と同じように、内定取り消しの書面を強制的に書かせている現場を押さえて、警察が会社役員を現行犯逮捕しなければいけません。
田中邦彦のような犯罪者が大手を振って歩いていられる世の中は、どう考えても間違っています。なんとかして世の中を変えていきたいものです。
みなさんも、せめてくら寿司だけは二度と行かないようにお願いしたいと思います。

ひさしぶりにはらわたの煮えくりかえるニュースでした。

コメント

うわ・・・・超ブラック・・・・
詐欺ですよね。
採用する気がないなら、採用できるだけの合格者にすればいいのに、何でこんなことする必要があるんですかね?
誰が根性あるのかわからないから、研修で確認して選別しようってことなのかもしれないですけど、
=面接で判断できない=採用担当者の能力が低い
ってことだから、恥ずかしいと思ったほうがいいのに・・・・

久々の話題がこんな会社とのタイアップって、
モー娘。は本当についていないですね。
事務所のお偉いさんが社長と友達とかなんでしょうね。嗚呼・・・・

しかも、3月の終わりにこんなことをするんですから、嫌がらせ以外のなにものでもないですよね。これで内定を辞退したら、新卒採用の道は完全に閉ざされるわけですから。だったら最初から内定なんか出すなっていう話です。
おたがいブラック企業に勤めたり、超安月給のところで何年も働いた経験があるから、身につまされますよね…。

モー娘の話も、ネットで調べている過程で見つけました。なんというか、ただただせつないです。
今のハロプロも素材は決して悪くないどころか、かなりいいと思うんですけどねえ…。女の子に罪はないですから、今がんばっている皆さんには、もっと報われてほしいです。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。