参議院選挙の速報を見て思ったこと

2010年7月12日(月) 00:32 | 日記

首相が菅さんになって少しはましになると思ったら、消費税の増税を容認するようなことを言いはじめて、こりゃだめだと思ったのは僕だけではないわけですが。
だからって、前与党に票が流れるのはどうしてなんでしょうかねぇ。
よっぽど格差社会を推進したいのでしょうか、この国の人たちは。
格差が広がると困る人の方が、有権者の割合としては大きいはずなのですが。

もっとも、森や小泉や安倍みたいなクズ、あるいは福田さんや麻生さんみたいな頼りない人たちと比べたら、谷垣さんや石破さんの方がずっと優秀ですから、下野した当時の自民党よりは多少はましなのかもしれません。それに、クズの一部はたちあがれチョメチョメやらチョメチョメ痩身党あたりが回収してくれましたし。
それでも自民党は自民党です。少なくともバブル崩壊以降の自民党が、僕らのような弱者の味方でないことは嫌というほど思い知らされているはずなのに、あれだけの票をいったいどこから集めてきたのでしょうか。不思議でたまりません。

二大政党がだめだということで、みんなの党がそれなりに票を集めたのは理屈としてはわかります。でも、あの党の政策も僕らのような層には決してやさしくありません。
弱者の目線に立った政策を打ち出している政党があって、僕もその政党と候補者に投票したわけですが、そこに票が流れなかったことが悲しくてなりません。

僕はそれなりに収入があって、家族もいないので、今すぐ生活に困ることはありませんが、いつ職を失うかわからない不安定な身分です。そして、僕より収入が少ないけれど子供がいる家庭とか、生活できるかどうかぎりぎりの収入で雇用も不安定で、クビを切られたら即路上生活という人も少なくないわけです。
そういう人たちを生み出さないような社会を理想とするなら、法人税減税とか、それを埋め合わせる手段としての消費税増税とか安易に言えるはずがないわけで、だから民主党も自民党もみんなの党も、自民から分裂した諸派もすべて問題外だと思うのですが、世間様の評価はそうではなかったようです。

いったいどれだけ血を流せば、この国の人たちは気づいてくれるのでしょうか。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。