足りないもの

2010年7月 8日(木) 00:12 | 日記

某新聞のウェブサイトの記事体広告でお世話になっているクライアントの方たちと、お酒を飲みました。
制作担当者や媒体のスタッフの方々の話を聞いて、その行動力や人脈の広さにただ感服するだけでした。
そういえば、僕が今の仕事に就くきっかけになった、1999年に入った名古屋のライター事務所でも、主要なメンバーは異常な行動力と幅広い人脈を持ち、なおかつそれを武器にしていました。
編集者に限らず第三次産業は、人脈の量と質がものすごく大きな意味を持つんですよね。もちろん人脈を広げるためには行動力が必要だし、人柄も大切です。
自分にとって最も必要な能力が最も不足しているという事実を、あらためて思い知らされました。

逆に考えれば、こんな自分がよくもまあこの業界で生き残っていられるものです。僕を生き長らえさせていただいているすべての人に感謝したいです。
現状の僕の仕事ぶりは、いろいろな方々にそれなりの評価をいただいていますが、人として大切なものが欠けている僕にとってすべてが「諸行無常」であることは分かっているので、いつ何が起きてもいいように覚悟をして生きているつもりです。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。