普天間の街から

2010年5月29日(土) 17:06 | 日記


昼食のときに琉球新報を見ていたら、普天間基地の県内移設が合意されたという記事が1面に載っていました。
紙面では、首相と政府の対応を激しく非難していました。当然です。国民を裏切った為政者は徹底的に罵倒されるべきだし、住民にはその権利があります。
アメリカ軍の基地の受け入れを容認する自治体など日本のどこにもないことは分かりきっていたのだから、閉鎖か国外移転しか選択肢はなかったはずなのに、どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。悲しいですね。

宜野湾市に来ています。
街のそこらじゅうに基地があること以外は、いたって普通の街です。住民の方々はどう思っているのでしょうか。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。