自慰史観フルスロットルなアパホテルの部屋から

2010年5月29日(土) 03:36 | 日記

自宅から持ってきたノートパソコンで日記を書いています。部屋にLANケーブルがあるのは便利ですね。
宿泊費はキャンペーン価格で3900円。部屋にはシャワーがあり、ホテル内には大浴場もあります。値段のわりにサービスが充実した、とてもいいホテルです。

そして極めつけが、昼に書いた日記でも少し紹介した、アパホテルならではのユニークなグッズです。
アパホテルのデスク
鏡の横に、ホテルのインフォメーションとともに置かれた雑誌や書籍。
これがアパホテルに宿泊する一部のひねくれ者の琴線を揺さぶる、アパグループCEO・元谷外志雄氏の趣味の世界です。
懸賞論文受賞作品集
こちらが知る人ぞ知る、アパグループ主催の懸賞論文「真の近現代史観」の作品集です。これは「第二回」ですが、第1回の懸賞論文では当時の航空幕僚長だった田母神俊雄氏が、アジアを侵略してさんざん荒らしたあげくに国内外の罪のない人々を大量に殺した大日本帝国とその体制を礼賛するような、嘘に嘘を塗り固めた俗悪な歴史観を披露し、それが原因で幕僚長をクビになったことで話題になりました。あれ以来田母神氏は頭の悪いエセ右翼のアイドルとして現在も大活躍されているわけですが、その論文がなかったのはちょっと残念です。
雑誌と著書
こちらはアパグループが発行する月刊誌と、元谷氏の著書です。
雑誌のページを開くと、いきなりこんな広告が目に飛び込んできました。
著書の広告
表紙は元谷氏と田母神氏のツーショット。まぶしいです。
自慰史観にはまる人って、どうして「自分とは関係のない過去」に異様にこだわるんだろう。自分が一切関わっていない日本の悪行を認めることが、そんなに嫌なのでしょうか。事実を否定してみせることで、心ある人からの信用を失うデメリットはかなり大きいと思うのですが。彼らの感覚が僕には全く分かりません。

余談ですが、部屋の冷蔵庫のメーカーはハイアールでした。排外主義を貫くなら、そこは国産メーカーにしましょうよ元谷さん。あと、ロビーに琉球新報を置くのをやめて、代わりに東京から産経新聞を取り寄せるとか。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。