パソコン強化週間その2

2010年3月 2日(火) 02:38 | 日記

テレビ画面上でパソコンの動画を再生
ハイビジョン画質で録画して、XviD形式でエンコードした動画ファイル(主に「アイドリング!!!」)を、いかにしてテレビで見るかが課題でした。
そこで、ブルーレイレコーダーのパッケージに入っていたPowerProducerというソフトで、ハイビジョン画質のままDVDプレイヤーで再生できる「AVCHD」という形式でXviDの動画を保存しようとしたのですが、DVDに保存する前段階のエンコードの途中で必ずエラーが出てしまいます。ちなみにブルーレイディスクの作成では、BDAV形式ではうまくいくのですが、BDMV形式で保存しようとすると同様にエラーが出て、ソフトが強制終了してしまいます。
別のソフトならできるかもしれないということで、MovieWriter2010というソフトの体験版で試してみたところ、ファイル単体でAVCHDのDVDを作ることには成功しましたが、複数のファイルだと失敗します。
そのほかのソフトの体験版もインストールしてみましたが、たとえばTMPG Authoring WorksにはAVCHDのディスクを作成する機能がなかったり、Nero 9では製品版じゃないとDVDやBDを作成できません。
いろいろ手を尽くしましたが、うまくいきませんでした。XviDファイルからハイビジョンの再生ディスクを作るのは、ひとまずあきらめました。日曜日の夜のことでした。

冒頭の画像は、テレビにパソコンの画面を映して、動画ファイルを再生しているところです。
もともと僕の家ではパソコンとテレビが接続されているので、わざわざDVDやBDなどのプレイヤーで再生できるディスクを苦労して作らなくても、GOM Playerか何かで動画ファイルを開いて、それをパソコンのディスプレイではなくテレビの方で映せばいいわけです。
ただ、これには重大な問題があります。
スピーカーはディスプレイのところに置いてあるので、テレビで動画を見ると、映像と違う場所から音声が聞こえることになり、具合が悪いのです。
逆に言えば、その問題さえ解決すればすべてオッケーということです。
それを思いついたのが今日の夕方ごろ。さっそく、ヨドバシカメラに寄って必要なものを買うことにしました。

先ほどの画像をよく見ると、テレビの下にコンポが置いてあるのがわかるでしょうか。
「パソコン強化週間その2」は、このコンポのスピーカーとパソコンを接続するという作業でした。

必要なものは、離れた位置にあるパソコンとアンプをつなぐ5mのケーブルと、スピーカーの切り替え器です。
ケーブルは、片方の線がパソコンに接続するステレオミニ端子で、もう片方がアンプに接続する赤白端子という形態のもので、これはすぐに見つかりました。
問題はスピーカーの切り替え器です。普段パソコンを使うときはパソコン用のスピーカーを、動画をテレビ画面で見るときだけコンポのスピーカーを使うという形にしたいので、セレクターは必須です。
ところが、普通の3色ケーブルのAVセレクターやCPUセレクターは売られていても、ステレオミニ端子のみのセレクターはありませんでした。
セレクターは帰ってから通販か何かで探すとして、とりあえずケーブルだけ買って帰ることにしました。

結果的には、5mのケーブルは買う必要がありませんでした。
なぜなら、そもそもパソコン用のスピーカーの入力端子が赤白端子だったからです。
つまり、下図のような接続でいいわけです(汚いイラストでごめんなさい)。
セレクターのイメージ図
もともとパソコンとスピーカーをつないでいたケーブルをパソコンとセレクターの間に差し込めば、出力は両方とも赤白端子のみのケーブルでいいので、普通のAVセレクターで用が足ります。「ステレオミニ端子のセレクター」などというマニアックなものは必要ありません。
ちょうどいいことに、自宅にはAVセレクターが1個だけ余っていました。さらに、セレクターとアンプをつなぐための5mの赤白ケーブルも自宅にありました。
つまり、パソコンとコンポを接続するために、なにひとつ買う必要がなかったのです。
買ったばかりのケーブルは、すぐに無用の長物となりました。ああもったいない。

ただ、ここで新たな問題が発生します。
コンポの外部入力は1系統しかなく、そこにはもともとレコードプレイヤーを接続していました。今後は、1系統の外部入力でパソコンとレコードを併用しなければいけないため、レコードとパソコンを切り替えるためのセレクターが1個必要となるのです。
でも高いものではないので、近いうちにヨドバシかどこかで買おうと思います。

もうすぐF1が始まります。決勝の放送は2時間以上あるので、そこそこの画質でXviD形式にエンコードすると、DVD-R1枚におさまらない可能性があります。こういうときのために僕はブルーレイドライブを買ったわけです。
何レース分かの動画をBD-Rにファイルとして保存して、見るときはパソコンで再生してテレビ画面で見るようにすればいいわけです。これで完璧ですね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。