Blu-rayデビュー

2010年2月26日(金) 02:53 | 日記

ブルーレイドライブのパッケージ
パソコン強化週間ということで、ついに買ってしまいました。
ブルーレイディスクのドライブです。
パイオニア製で、3万円もしました。
別のメーカーのバルク品は半額以下で買えるのですが、このドライブはネットで評価が高かったのと、付属ソフトが充実していたので、あえて高いものを買いました。
ドライブは週末に取り付けたいと思います。

付属するソフトは、動画再生ソフトのPowerDVDやオーサリングソフトのPowerProducerなど。まだインストールしていませんが、使い勝手はどうなのでしょう。大量に保存したハイビジョン画質のXvid動画(主に「アイドリング!!!」)を、データのままではなく、一般のDVDプレイヤーでも高解像度で再生できるようにDVDやブルーレイに焼ければいいのですが。

BD-Rも値下がりしてきて、国内の有名メーカーのメディアが1枚250円そこそこで買えるようになりました。1枚のBD-RにはDVD-R5枚分以上のデータが入るので、DVD-Rに換算すると1枚あたり50円弱。ここまで下がれば十分です。ただ、20枚まとめて買おうとすると5000円かかるわけで、なかなか気軽に買えないのも確かです。
とはいえ、ほんの18年前には3.5インチの2HDのフロッピーディスクを、1枚あたり100円以上出して買っていたわけで。BD-Rには、そんなフロッピーの1万7千枚分以上のデータが保存できるわけです。
ブルーレイドライブの中身
そんなわけで、僕もこれでAV機器の最先端に追いつくことができました。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。