R-1ぐらんぷりサバイバルステージを見て

2010年2月22日(月) 01:53 | テレビ・芸能

ビデオに録画してついさっき見たばかりなのですが、先にネットのニュースで結果を知ってしまったのが失敗でした。
1位になったCOWCOWの山田さんは、ネタと小道具の作り込みがものすごくて、納得の結果でした。
2位の友近さんも相変わらずの芸達者ぶり。いつも安心して見ていられます。今回ばかりは相手が悪かったでしょうか。決勝で見られないのが残念でなりません。

意外だったのが、3位の田上よしえさん。サバイバルステージのメンバーを見て、「なぜこのベテランがこの場所にいるんだろう」とびっくりしました。
田上さんは、確か僕が学生だった頃から芸人としてテレビに出ていました。アナウンサーやエレベーターガールに扮した芸を得意とした、少し前の青木さやかさんのような芸風。でも、テクニックは田上さんの方がずっと上だったと思います。
それなのに。
今日の田上さんには、往年の切れがありませんでした。
若いお笑いファンに迎合しすぎたような、安易なあるあるネタ。彼女はそういうキャラじゃなかったはずです。
大昔のことだからよく覚えていませんが、田上さんは「ものすごくおもしろい人」というイメージがあったので、正直言って残念でした。それだけに、3位という結果は意外でした。「もう中学生」の人もがんばってたのに。

火曜日の本戦では、「アイドリング!!!」でもおなじみのバカリズムさんに期待したいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。