1年と3か月ぶりに飲んだ「レフ・ブロンド」

2010年1月15日(金) 00:41 | 日記

レフ・ブロンド
2008年10月に書いた日記でも紹介した、ベルギーの「レフ・ブロンド」というビール。
先日、三鷹のドン・キホーテで398円で売っていたので、ひさしぶりに買ってみました。

この日記でよく外国のビールについて書くのですが、正直言って、飲んだビールの味なんてほとんど覚えていません。「リバティエール」や「ヒューガルデン・グランクリュ」のようによっぽどおいしいか、あるいは名前を忘れてしまいましたがめちゃめちゃすっぱいビールのように、よっぽどくせのある味じゃないと印象に残りません。
この「レフ・ブロンド」も、初めて飲んだときのことをちゃんと日記に記録しているのに、どんな味だったか全く思い出せません。

そんなわけで、1年と3か月ぶりに飲んでみました。
日本の「銀河高原ビール」に似た味でしたが、こちらの方が独特な香りと甘みがあっておいしいです。ドンキが扱うようになったのもうなずけます。
けっこうおいしいのに、それでも記憶に残らないなんて。製造元の修道院の皆様が不憫です。

銀河高原ビールといえば、過去に飲んだビールについて「味が銀河高原に酷似している」と日記に書いたことを思い出しました。でもそれはいつ飲んだのか、何のビールだったか、やはり思い出せません。過去の日記を検索してみたところ、「グロールシュ・プレミアム・ヴァイツェン」というオランダのビールでした。2008年8月と、2009年4月の2回飲んでいます。記憶からはすぐに消えても、記録は残ります。日記を書き続けてよかった。
読み返してみると「期待以上のおいしさでした」などと書いてあって、僕の中でもかなり高評価だったはずなのですが、それでも覚えていませんでした。
ああ、なんて貧弱な僕の記憶力。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。