OH! Powerful Candy~十数年ぶりのスーパーレモンキャンデー

2009年12月 5日(土) 12:49 | 日記

スーパーレモンの袋
このパッケージを見て、あるいは「スーパーレモン」という名前を聞いただけで、舌の先がむずむずしたり、反射的に唾液が出てくる方も多いと思います。
一度食べたら忘れられない、めちゃめちゃすっぱいレモン味の飴「スーパーレモンキャンデー」。
少し前にネットでスーパーレモンが売られていることを知り、ずっと気になっていたのですが、食べたいという欲求が抑えられなくなったので、先日アマゾンで注文して、きのう届きました。
10袋入りで1701円。1袋あたり22個入っているので、全部で220個です。

せっかくなので、パッケージを大きな画像でご覧いただきましょう。
スーパーレモンの袋
ノーベルのロゴが変わったほかは昔のままです。パツキンのチャンネーのイラストも、80年代に描かれたはずなのに、なんだか新しい感じがします。
4コマ漫画
パッケージの裏には、さっきのパツキンを主人公にした、スーパーレモンを紹介する4コマ漫画が載っています。2コマめの集中線がいい味を出しています。
こちらも拡大画像をどうぞ。
スーパーレモンの4コマ漫画

漫画の右側には、こんなことが書いてあります。
スーパーレモンの説明
「都会的な刺激との出会いです」という、とても80年代臭いキャッチコピー。
僕がスーパーレモンに出会ったのは1988年で、当時は愛知県の田舎に住む小学6年生の子供でした。これが都会の味なのか、都会ってなんてすっぱいんだろう、などとまだ見ぬ大都会に思いを馳せていました。もちろん嘘です。
スーパーレモンの中身
これがスーパーレモンの中身です。外側にうっすらと白い粉がついていますが、これが「レモンテイストパウダー」で、ものすごーくすっぱい部分です。初めて食べた人は誰もが度肝を抜かれます。

スーパーレモンは自宅ではなく会社に届けてもらいました。個人的な買い物で、本やCDならまだしも飴を会社に届けてもらうというのもどうかと思いますが。さっそく会社でみんなに配ったら、何人かスーパーレモンのことを知らないという人がいて、異常なすっぱさに驚いていました。
僕はきのう一日だけで10個以上食べたのですが、舌の感覚が完全におかしくなっていました。それくらいすっぱい飴です。
ただすっぱいのは最初だけで、それを通り越したら甘くなって、最後は普通のおいしいレモン味になります。
スーパーレモン7袋
10袋のうち、7袋を家に持ち帰りました。スーパーレモンをこんなふうに大人買いするのはもちろん初めて。最後に食べたのっていつだっけ。僕が高校生になったときには、もう店頭から消えていたと思います。

なお、アマゾンでは10袋単位でしか買えないのですが、他の通販サイトでは1袋から買えるところがあります。
アメリカのアマゾンでも買えるみたいです。6袋で19.99ドルということは、1袋あたり約300円。アメリカ人にしてみればかなり高級な飴です。
Nobel Japanese Candy, Nostalgic Super Lemon Candy, 3.09-Ounce Bags (Pack of 6)
カスタマーレビューもなかなか熱いです。

A friend of mine from Japan first gave me one of these. It's so much fun giving them out and watching people's faces. I had one person spit it out on the floor.(didn't give another one to this person) They are the best sour lemon drops.Better even than Altoids!Buy some!Now i know where to buy them.

スーパーレモンを食べる人の顔を見るのが楽しいんだそうです。すっぱさのあまり吐き出してしまった人がいたんだとか。リアルで「OH! Powerful Candy」とか叫んだのでしょうか。見てみたい。

ところでこれ、実店舗でも扱ってる店はあるのかなぁ。武蔵野市周辺でスーパーレモンが買えるお店を知っている方、ぜひ教えてください。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。