韓国株のETFを売りました

2009年9月 8日(火) 00:22 | 日記

2008年11月に買った韓国株のETF「Lyxor ETF MSCI Korea」を、今日すべて売りました。
買ったときの株価が16.38香港ドルで、今日の売り値が28.35香港ドル。単純計算で、1.7倍以上に増えたことになります。実際には買うときと売るときに手数料が約定金額の0.4%ほどかかるのですが、それを差し引いても大きなプラスです。
韓国経済の中身はあまりいいとは思えず、いつ株価やウォンが落ちてもおかしくないと考えたので、ここらで売っておいた方が安全だろうという判断です。

とはいえ、問題はこのETFが香港ドル建てであること。
最初に香港ドルを買ったときは、1HKD=14.74円程度でしたが、このところずっと円高が続いていて、今日の為替レートは1HKD=11.99円。今のタイミングで日本円にすると、株価の値上がり分の一部が為替で吹っ飛んでしまいます。もちろん為替取引にも手数料がかかりますし。
だから当面は香港ドルをキャッシュで持ったまま、何か面白そうなETFがあったら買おうかなと思っています。

これと同じ時期に買ったロシア株のETFも、買ったときから3~4割値上がりしているのですが、こちらはもう少し上がりそうな気がするので、しばらく持っておきたいと思います。
あとは、円建ての中国株ETF「上場インデックスファンド中国A株」をどこで売り抜けるか。韓国やロシアと同じく08年11月に2605円で買って、一時は4400円を超える値がついていましたが、現在は4000円をわずかに割っています。再び4400円に近づいたら、こちらも売ってしまおうと思っています。

過去にインド株のETFを持ったままリーマンショックを迎えてしまい、今も大量のインドETF(とか日経225とか、その他円建てや米ドル建て、先進国からエマージングまでいろいろなETF)が塩漬け状態なので、せめてリーマンショック直後の底値に近いタイミングで買えたものについては、ある程度利益が出たら売り抜けるようにしたいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。