15分そこそこの道のりなのに

2009年7月20日(月) 16:26 | 日記


夕立でも降り出しそうな曇り空の井の頭公園です。

武蔵境駅に置いてあった自転車を歩いて取りに行って、自宅に忘れ物を取りに行ったあと、家から井の頭公園までいつもと同じ道を走りました。
片道3キロほどの、ゆっくり走っても15分程度の道のり。たったそれだけの道を走るだけで、全身が疲れ、息が切れてしまいました。
これまで、全然そんなことなかったのに。急激な体力の衰えに愕然としました。
このぶんだと、あと1年か2年で衰弱して死んでしまうかも。まあそれならそれで、死ぬまでに一度でも多く笑うことができればいいなぁ、と思うだけです。

公園はいつものように、歌を歌う人、楽器を演奏する人、大道芸をする人、その様子を眺めるたくさんの人たちや、ただのんびりと散歩をする人たちでいっぱいです。
みんなの楽しそうな様子を見ていると、自分の人間性の欠陥や体力の衰えなんてどうでもよくなってきます。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。